[110527]

無線LAN-APを、再度試してみました.

無線LANには、専ら「802.11b(11Mbps)」を使っていますが、時折安値の「802.11a(54Mbps)」カードを買い溜めて来たので、今ではこちらの枚数も多くなっています。(左写真)

カードを死蔵しておくのも、勿体無いし、「802.11a」だけでは、2階と1階の通信が上手く行かないので、両方を同時に使えないか調べてみたのですが。(左写真<クリック>)

実験の結果、試したAPAirHawk LD-WL5411/AP)では、繋がり易いのは、お仲間同士のLaneedのカードだけ。
現在使っている、WLI-PCM-L11GP(801.11b)では、今回も、やはりダメでした。

こちらの方は、割り当てられるIPアドレスが異常値(169.254.xxx.xxx)ではなくて、正常値(192.168.0.10)になるなど、一見繋がった風になる時でも、インターネットには繋がりません。
(こうなったら、別のAPでやってみようかと)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
使ったAPとカード
(下の“蛇足”に書いたように、「11a」と「11b」の両用を狙って買ったAPは、見誤っていたので、)また、AirHawk LD-WL5411/APを取り出して来て、「11a」と「11b」の1台2役で、何とか使えないか、色々やってみたわけです。(左写真)

PC本体に、CF-T1を使って、無線LANカードLD-WL54/CBで、やる分には、全く問題なく繋がります。(左写真<クリック>)
通信速度も、近場だと(見掛け上)54〜48Mbpsで、1階と2階では24Mbps位まで下がりますが、一応安定に使えそう。

「11b」ではNG!
しかし、問題の「11b」の方が、どうもいけませぬ。(左写真)

どんな設定にしても、IPアドレスにヘンな値が割り振られます。(左図<クリック>)
これはWindowsが、処置に困って適当に割り振る値だそうですが、これは、「ルータ」の「DHCP機能」で割り当てられた正常値ではないですね。

(他方、別のチャネルに設定したMN7530とは、スムーズに繋がるのですが。また、CF-W2内蔵の無線LANでも、同様の傾向で、MN7530には繋がっても、LD-WL5411/APの「11b」には繋がりません)

設定変更をしてみたが
ところが、無理にこれを事前に手動で、本来割り振られていいはずの値を書き込んでおいても、やはりネットには繋がりません。(左写真)

また、完全に「暗号化なし」にすれば、IPアドレスは一応正常値にはなるものの、ネットとの通信は、やはり出来ない。

AP側のデフォルト・ゲート・アドレス(左写真<クリック>)も、あちこちで使って見ましたが、事態は改善されず。
多分、何処かで糞詰まりを起こしているのかもしれませんが、見付けられずに居ます。
−−−−−−−−−−
蛇足
うっかり、無駄なものをオークションで、買ってしまいました。(左写真−WLBAR-54GT 総費用\720送料込み)

11Mbps54Mbpsの文字が見えたので、てっきり「11b」と「11a」だろうと思い込んでいたのですが、「11b」と「11g」でした。orz
(ちゃんと確かめればよかったのに、手を抜いた結果です)

で、これは、中に入っていたACアダプタ(12V,1A)のプラグ金属部が両方とも外れていたので、遊びがてら、それを埋め直して修復しました。(左上写真<クリック>)
勿論、ACアダプタは、十分使える状態に戻っています♪

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ