[表紙頁]へ 我楽多苑 別亭]へ
独り言集 二千十六年七月版



ガラケー・ジャンク 買い 「七月二十七日」
家人の携帯(ガラケー)が、バッテリを充電しなくなったということで、急遽、バッテリだけを別の充電器で充電したら、使えるようになった。
以前よりもバッテリの持ち/保ち時間が長くなったという。
恐らく、本体の充電機能が相当劣化して来ていて、充電が十分出来ていなかった為だろう。

そこで、別の筐体に切り替えることを勧めるべく、二、三のガラケーをヤフオク!で落札してみた。

これ、docomo Panasonic Viera P-10Aは、その内のひとつ。(図1、図2<クリック> 総費用¥1、118送料込み)
一、二箇所傷はあるものの、全体は新品同様!
・・・だが、(我々には)色がちょとどぎつ過ぎ!(姉妹なら似合うかも。笑)

(色を除けば)デザインはなかなか良いし、「ワンセグ視聴」も横画面で見られるから具合良さそうなんだが。(図3)

ところが、家人は「今の携帯」に慣れ親しんでいるので、出来れば“バッテリ単体を充電”で凌ぎたいという。
で、最近買った3・7V用万能型充電器(¥480送料込み)を使わせることにした。

それでも使えなくなったら、その時はまた考えるというので、このガラケーは、暫く待機?お蔵入り?させることにした。

因みに、これのバッテリは、3・7V、800mAh(図4<クリック>)で、まだ十分使えそうだし、尻の充電口からの充電でもちゃんと充電出来ている。
(・・・色が、こんなでなければ、私が使ってもいいのだが、流石にこの色はムリだ!苦笑)



自動巻き腕時計ジャンク 「七月二十三日」
先日、「何でも百円ジャンク」を買ったついでに、何となく「時計用裏蓋スパナ」という道具を買ってみた。(¥500税込み)
実は、スパナ単体だと割高になるようだが、“何事も、一期一会!”と思い定めて。(苦笑)

これとは別に、ヤフオク!でジャンクの(不動品の)「自動巻き腕時計」を買った。(総費用¥670送料込み)
幸いこれは、「裏蓋スパナ」で廻して開けられるタイプだった!

「自動巻き腕時計」を買った理由は、「手巻き式」では巻くのを忘れるし、「電池式」では電池切れに気が付かずに持ち歩いていたことがあるし、で、ひとつ「自動巻き式」を試してやろうと思ったからだ。

動作品は結構高価だし、まずはジャンクで腕試し(!?)と、不動ジャンクを買ってみたのだが、結果は無様&無意味だった!

「分銅」は、当初は簡単に外せたので、“幸先ヨシ!”と、外せそうなビスは外して行ったのだが、「分銅」の下にある「歯車」(のビス)がどうしても外せない。(図4)
少し大きめのマイナス・ドライバの先を、#2000紙やすりで磨いて尖らせつつ、それで廻そうとしたが、ビス&「歯車」が固くて廻らず。
勿論、「歯車」の固定には「歯車」にある孔を利用したが、ビスを廻すには、何かの“ショック療法”が必要かもしれない。
・・・此処で、「分解」の手が止まってしまった。

別途、秒針が外れてしまったので、中のユニット(?)だけを取り出して、嵌め込んだが、それも其処まで。(図8<クリック>
「竜頭」を一杯引き出した状態で反時計方向に捻って、その「頭」だけを外したら、何とか取り出せたのだが、シャフトが少し曲がったかもしれない
結局、出来たのはその辺りまでで、それから先の「分解」が進められず、中途半端な状態になってしまった。

・・・腕時計の修理なんて十年早い!のかもしれない。・・・で、その内興味が無くなるかも。
が、人間「何某かの好奇心」と「何某かの挑戦意欲」を無くしたら、人生終わりだしなぁ。
(苦笑)



Bluetoothスピーカー 「七月十三日」
先の日曜日、病院の叔父を見舞ったが既に退院していたし、日本橋に五百円で沢山あったはずのリモコン・カーを孫息子用に買うつもりだったのが、既に売り切れていたし、補聴器用にと思っていた特価品のLR41も品切れで、“何だか、ついてないなぁ!”と思いながら、
さるジャンク店を覗いたら、ジャンク何でも¥100也だったので、あれこれ自棄買いして来た。
この「Bluetoothスピーカー」もそのひとつ。(¥100税込み)

始めに、面食らったのが、DC電源プラグに、通常のモノではなくて、ステレオ・プラグを使うらしいこと。(図2<クリック>


これは、後で本体底を分解してみて分かったことだが、「AUX/DC5V」の「ジャック」には「芯」が無いし「電極部」も無い。有るのは、側面の舌片群だけ。(図3)

「ジャック電極」の中央が+5Vで、下側(口側)がGNDだが、プラグを一杯まで差すと接続出来ないという奇妙さがある。(当然、専用プラグなんだろうな)

で、電源を接続したら、吃驚するような大音量(女声)で“bluetooth mount”とか?! ・・・“あわわ!音量調整部が無い!”と慌てふためく。

一応、スマホの「Bluetooth」とは「接続」出来て、その「音声出力」も出来るようだ。
You Tube上の「River Dance」を再生してみたら、結構迫力のある音量で聞けて、スマホ側でも綺麗な映像が見られた。ただ、WiFi回線の遅延などで、時々映像は“お休み”をしてくれるのだが。(苦笑 図4<クリック>

「内蔵バッテリ」が完全に干乾びているようだから、「紐付き外部電源」でしか運転出来ないが、まぁ、百円の値打ちはあった!と思う。
常用する気は無いが、暫く机上に置いて、この妙な形を眺めていようと思う。



懐中時計 買足 「七月十一日」
「腕時計」との相性が悪くて、もっぱら「懐中時計」を愛用しているのだが、その内一番気に入っている「Polaris」の竜頭がすっぽ抜けてしまった。(図2<クリック>
再度差し込んでも、分時針が廻らず、半身不随状態なのだ。

そこで、新たに類似品を、ヤフオク!で落札した。(図1中央 購入¥920送料込み)
実は、写真で見ていた時には、よく似ているなぁ!位にしか思っていなかったのだが、手元に届いて、比べて見るとまったく同類だと分かった。
こんな骨董品(?)で、同じものが手に入るなんて、将に奇遇だ!
しかし、“根気の長期間待ち”が必要?

とまぁ、当面の欲求はこれで満たせたのだが、実はもう少し欲しい機能がある。・・・それは「日付」!
最近、老人ボケ・テストの項目に良く出てくる「今日は何月何日ですか?」というのに、完全に落第。(苦笑)
「曜日」はちゃんと覚えているのに、「日付」が出て来ない。
・・・なので、次は、「日付」の出る懐中時計を探すかな?(笑)

蛇足:
懐中時計を探していて知ったのだが、「ナース時計」ってのは、竜頭とは反対側に「12時」が来る「逆さ時計」なんだそうな。
なるほど!腰などにぶら下げておいて、さっと取り上げると“正視”出来るわけか!
きっと、「腕時計」は、患者を扱う時など、邪魔になるからだろうな。



スマホ表面汚れ 対策 「七月五日」
どうも、私が潔癖症なせいか、スマホ表示面の“指紋汚れ”が気になって仕方が無い。
事前対策(専用ペン使用、保護膜貼り)、事後始末(拭き掃除)など色々方法はあるようだし、それらを試してみようと思っているが、取り敢えず、誰もあまりやっていそうにない方法(?)をやってみた。

小型のポリ袋(A7型)を、「熱圧着シーラー」(百均品)で横幅を縮め(図2<クリック>)、それに入れてみた。(図1)

透明度もそこそこなので、これなら使い物になると思う。(美観は別だ!笑)

スマホ・メーカー側で、汚れ対策の表面処理加工がコスト高になるなら、販売店辺りで、こんな袋をサービスで提供すればいいのに!と思ってしまったが、やはりコストが問題かな?(苦笑)

後日、百均店で「保護フィルム」というのを買って来て、貼り付けてみた。(図3)
こうしたフィルムの貼り付けは、慣れてはいるのだが、決して上達はしない。
今回も、泡が残ってしまった!(図4<クリック>
これは、小さな埃・粒が核になっているため、除去はまず不可能だ。
ゴミが入っていない気泡なら、丹念に圧し潰して行けば、完全に除けるのだが。

スマホ・メーカーの方か、ガラス・メーカーか液晶メーカーの方で「貼り付け加工」か「防汚処理」をしてくれていれば、こんなことにはならないのだが。
これもコスト高になるから、メーカーはやらないのかな?

でも、「防汚」の需要は結構ありそうに思うので、その内、何処かが出し始めたら、雪崩を打って皆がそうなるのではないかな?
・・・ 百均店のフィルム棚が盛況な様子を見ると、まだ雪崩現象は起きていない模様だけど。(笑)
この後で買った、Sony Ericsson IS11Sは、噂通り表面に指脂が付き難いタイプだった。 ・・・これなら余計な心配は不要になる!



スマホ&携帯ジャンク 失敗 「七月一日」
今やっているスマホ収集は、そろそろ踊り場に差し掛かった来たが、買い込むのは「docomo」か「au」だけで、止めておけばよかった。失敗した!

それ程安くも無い「SoftoBank」の「スマホ」と「スマホ?実は携帯電話」のジャンク品に手を出したのが運の尽き!(総購入費¥1、710送料込み)

「スマホ」(SoftBank SMASUNG 107SH ¥700送料含み)は、「ロック」が掛かってしまったし、他方(SoftBank 941SC ¥1,010送料込み)は、完全な「携帯電話」だった。(図1)
どちらも、期待外れで、使い物にならず!

「スマホ」は、「プロファイル」が残っていたから、“(拾われた)落し物”かあるいは“盗品”ではないかと思うが、それらを消そうとしたら、いきなりロックが掛かってしまった。(失敗!)
・・・これは、(気の毒だが)孔を開けて捨てよう!(図2<クリック>

「携帯電話」は、さもWiFiが使えそうな雰囲気があったが、実は“SoftBank専用WiFi”のみで、しかも回線契約が前提だから、意味が無い。
当然、(私の)docomo UIMも、これでは受け付けないだろうから、捨てるしかない。

慎重に買っているつもりでも、やはりこうした失敗は避けられない。小遣いのロスが痛っ!


[表紙頁]へ  関連記事の目次へ