[121219]

Dynabook CX1ジャンクを、買ってしまいました

店頭で見掛け、小型で綺麗そうだし、他の人が弄りながら迷っているのを見てやたら欲しくなって、傍で(...を流しそうになりながら?)眺めていました。(苦笑)

ラッキーなことに、その人が他のジャンクを選んで、これを手放したので、さっと掻っ攫って来ました。(土日特価\2,000税込み)
(勿論、店内に用意されていた15V-ACアダプタで、表示の確認はバッチリさせて貰いましたが、やはり見込み通り!...内緒!)

これは、明らかに正常動作品だったし、何処も弄る所は無くて、手遊(すさ)び用にはなりませんでしたが、なかなか品位も良いので気に入りました!
(今まで残してある他のB5クラスのノートPCは、そろそろ整理しようかな?と考える切っ掛けになりそう。笑)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
表示の明るさ
実は内緒でも何でもないのですが、前の人が確かめるのに“バッテリ動作”だけでやっていたので、表示が(無茶苦茶?)暗かった!
(私も見ていて、ダメかな?って感じを受けたのですが、でも、通常はACアダプタで確認しないと、判断を誤らせるような「暗さ」の時もありますからね)

これは、実際、バッテリ駆動だと、“バックライト不良か?”と思わせられるような明るさ|暗さだったのですが、ACアダプタ駆動だと見違えるほど明るくなりました。(左写真&<クリック>)
(お気の毒に、前の人はそれをやらなかったのか?迷った挙句に諦めた?!)

それに、大中型バックライト光源は「蛍光管」なので、最大輝度になるまでにはやや時間が掛かるので、それも心得ていないと損ですね。

内残品
さて、この戦利品には、メモリ-768MB(左写真)、HDD(IDE)-40GB(左写真<クリック>)は、残されていました。
手持ち品は、色々あるので“補充”は問題無いのですが、やはりちゃんと残されているのは、なかなか嬉しい♪

早速、CD版WinXpで、10GBと30GBの2パーティションに分け、(うっかりと)10GBの方にWinXpをインストール。
でも、後から色々ソフト類を組み込んで行くと、10GB(Cドライブ)では容量不足が露呈。。。止む無く、改めてWinXpは30GBの方(Dドライブ)に組込み直しました。

しかし、このHDDは、大変不便な場所に置いてある...というか、蓋を留めてあるビスが、パームレストを外さないと見えず、抜けないのは困ったものです。(左写真<クリック>矢印)
(やはり、美観デザインのためでしょうかね?)

LAN関係
残念ながら、これには無線LANは内蔵されていないので、始めは有線LANを利用していました。(左写真<クリック>)

でも、段々煩わしくなって、1枚だけ遊んでいたSONY製無線LANカード(PCWA-C150S)を使ってみることにしました。
頭が短くて色も銀なので、なかなかしっくりと合いますね!(左写真)
(ロゴは、ミスマッチなのですが)

尚、USBポートは後ろに2口ありますが、右横側にも1口あるので、特に使い難さは感じません...が、USBメモリでは起動出来なようなので、ちょっと残念!

不調? これ何だ?
殆ど不服は無いなぁと思ったけど、タッチ・パッドの左SWだけは、ちょっと?...
かなり押し込まないと反応が無いし、少し小さ目なので、押し損なうことが多いです。
(何故、もっと大き目に、人間工学を考えた設計をしなかったのかなぁ?)

これは、別途マウスなどを使えば、どうってことはないのですが、こんな小型では本体だけで扱えないと勿体無い気もします。

(蛇足的好奇心なのですが、)パーム・レストを外した時に気が付いたのですが、外からは扱えない所に小さなSWがありました。(左写真<クリック>)
これが何用なのか、興味があったのですが、ちょっと想像がし難い。
何か面白い機能があればもっと突っ込みたいけど、あまり期待出来そうに無いので放っておきます。
追記:
後で、へろへろさんから、このSWは無線LANのON/OFF用だろうとの情報を頂きました。感謝!<(_"_)>
その内、試してみようと思ってます。

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ