[表紙頁]へ  関連記事の目次へ

[二〇一六年十月一日]
E8290ジャンクを、買った

妙な貼付メッセージ([パスは1234Enter] 図2<クリック>)に興味を惹かれ、久し振りにノートPC(FMV-E8290)のジャンクを買って来た。(¥1、980税込み)

店内でACアダプタを借りて電源を入れてみたら、この“オマジナイ”を入れないとBIOSが立ち上がらないらしいことが分かった。
(このオマジナイは、店員さんのサービスらしいが、有り難い!)

(私の場合)これまでに、こうした“パスワード・ロック状態”を、上手く解錠出来た件数は、ほんの数えるほどしか無い。
それに、最近の施錠・解錠自体が、もう(私のような)素人の手には負えなくなってしまっているので、触っても無駄な気もするのだが。

でも、この「BIOS以前のセキュリティ・パスワード」はちょっと変わっているので、もしかして簡単に外れないかどうか調べてみた。
どうやら、これは「Intel ME Password」に関係がありそうなのだが...それ以上先へは進めず。
止む無く、この「パスワードメモ」は、張ったままにしておくことにした。(苦笑)
此処を通過しさえすれば、後は通常動作となる。・・・で、目下Win7 Proを組み込んで、走らせてみている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
現状の確認

最近、(私が)ジャンクを選ぶ時は、出来るだけ外観の綺麗なモノ(シール剥がれやキー・トップのテカリが少ない)を選ぶようになって来た。
これは、パソコンを、“実使用性”というより、“見栄えを愉しむ”気分で見るようになって来ているからかもしれない。

CPUファンの吹き出し口の「掃除口」を開けて見たら、それ程、埃が溜まっている様子も無い。(図4<クリック>
これからも、IBM機のように、埃で糞詰まりになっていたり、キートップが磨り減るまで使い込まれてはいなかったらしい事が分かる。(苦笑)

裏蓋を開けてみたら、「HDD」は「バッテリ」を外すだけでも装着出来そうだと分かったが、裏蓋を開けたついでに、120GB-SATAを取り付けておいた。また、「メモリ」は1GB+2GBの3GBにした。

パスワードのこと

一応、Win7を組み込む下準備をしておいてから、始めの疑問「パスワード−1234Enter」は、どうやれば解消(入力不要に)出来るか?を探してみた。

「BIOS設定」の中で、そんな項目が無いか?と探し回ったが、それらしき箇所も無い。

結局、「Ctrl+P」を押せ!というメッセージが出た処から入る「Intel ME BIOS Exrtention」が、その入り口らしいのだが、其処(そこ)での「パスワード」によって停められてしまった。(図5)
そのパスワードの設定方法が、これまた相当複雑らしい。(図6<クリック>
きっと、設定した人は一心不乱に、複雑なパスワードを決めたに違いない。
当然ながら、初期値の「admin」などでは、通してくれなかった。

...というわけで、この「1234Enter」のメモは、ずっと貼ったままにしておかないといけないらしい。(苦笑)

ネット接続

“パスワード解除”は諦めて、通常のようにWin7 Proを組み込んでみた。
後は、殆ど問題無し。
...と思っていたら、翌日、“非ライセンス認証だ!”とのメッセージが出て来た。
はて?面妖な!と、再度、筐体裏に貼ってあるシールから読み取った番号を再度入力したら、今度もOK!と出た。
もしかしたら、この番号を他の人間が流用・悪用していたら、こんなことが起きるのか?とか思ったり。
まぁ、油断しないでおこう!

「ネット接続」は、(無線LANが無い機種なので、)有線LANでしか繋げられない。(図8<クリック>
LAN経由で、YouTube閲覧も楽々!(図7)

(でも、当苑が使っている「ADLS12M」の性能も大したものだ!動画も楽々だから、敢えて「光」にしなくても、当分は大丈夫!らしい?笑)


[表紙頁]へ  関連記事の目次へ