我楽多苑 PC-VY11F ジャンク バッテリ保持
[120622]

VY11F/BH-Tジャンクを、買いました  *廃棄:2014年9月中旬

迅丁堂」の閉店予告があったので、少々気落ちしながらの帰り道、「PC-NET」を覗いたら、VersaPro PC-VY11F/BH-Tの特価ジャンクが沢山ありました。

この機種はデザインが余り好きではないので、一瞬迷ったのですが、でも折角なので、記念に程度の良さそうなのを1台買って帰る事にしました。(\1,000税込み)

兎に角、注目したのは、“液晶割れの有無”と“キーボード・テカリの有無”。
こうして、多数台出されている時には、多分企業からの放出だろうし、使っている人物も様々で、殆どマウス操作だけの人ならキーボードは比較的綺麗だろうとの想像で、探し捲くって、良さそうなのを1台選びました。
これが、バッテリの保持時間も3時間ほどあって、全体として“当り!”でした♪
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
状態
キーボード全体が、過酷に小突かれた形跡が無く、キートップのテカリが少ないものを選んだのですが、やはり「Enterキー」と「矢印キー」にはテカリがありますね。(左写真)
勿論、良く見ると他のキートップにもテカリは見えますが、それ程酷くは無いので、良品の部類でしょう。

さて、裏側の蓋群を開けて見ると、“拡張メモリ”は載っていません。また、“無線LANカード”は元々載せない仕様のようで、アンテナ線も見えませぬ。
元々オンボードで256MB載っているらしいのですが、念の為、拡張メモリは、256MBを足しました。(左写真<クリック>)

パスワード地獄?
起動ドライブを選ぼうと、「F2キー」を押して“BIOS設定”に入ろうとしたら、いきなり[Passwordを入れよ!]だって!?

もう、このレベルのジャンクPCになると、“パスワード解除作業”なんてあまり興奮しなくなっていますので、“ダメか?んなら廃棄だ!”と思っちゃいますね。(ちと、傲慢過ぎますか ・・・ あー、とても傲慢ですね)

でも、試しにCDDを付けて、「OSインストール用ディスク」を読ませると、HDDが入っていても、先にCD-ROMを読んでくれることが分かりました。(左写真<クリック>)

これなら、“BIOS設定”には入れなくても、何とかなりそう!

動作、OS
この機種は、手前のパームレストを外せば、HDD装着は容易なので、先に“OSの種”や“ツール”などを書き込んだ20GB-HDDを装着しました。

何時ものように、まずCドライブWin98から起動して、DドライブWinXpを組み込む予定でした。
ところが、“OSの種”からは上手く組み込めず!?...[一覧表が構築出来ず。指定パスが見付からず]とか。何じゃ、そりゃ?...初めての遭遇か?

結局、外部USB-CDDから「インストール・ディスク」を使って組み込む事になっちゃいました。
こちらの方は、通常通り至極順調に組み込みが進みました。(左写真<クリック>)

で、動作し始めてから調べたHDBENCHALL値は、まぁまぁでした。(左上図)

バッテリ保持時間
ついでに調べたのが、このジャンクのバッテリ保持時間

あまり期待はしていなかったのですが、何と!3時間以上保ち/持ちそうな気配ですぞ!(左図)
今までの当苑のジャンクには、こんな長息のものは無かったような気がします。

保持量の下がり具合から、これなら4時間位はいけそうだ!?と見ていたのですが、ところがアレマァ!...3時間を過ぎた所で、いきなり急落。(左図<クリック>)

でも、ポータブル機を“幼児の玩具”として使っていると、長時間バッテリ運用が出来るのは、大変具合が良い!と身に沁みているので、このマシンには高得点を付けたいですね。(笑)
これも、暫く保存しましょう!

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ