[表紙頁]へ  関連記事の目次へ

[二〇一六年六月三日]
VY21GWZ75ジャンクを、買ったが
久々に、VY21GWZ75ジャンクを買ったのだが、これがとんでもない食わせ物、いや(自分の読み損ない/マツガイでの)食わされ物だった。(苦笑)

当苑では、VersaPro系はもう溢れ気味なのだが、解像度SXGA+品なら、もう一台くらい予備が有っても良いと思ったのと、ちょうどその日は3割引特価だったので、それにもホイホイと乗せられてしまった。(図2<クリック> ¥1,386税込み)

動作させて見て分かったのだが、液晶画面は壊れていて、一部映りはするものの、使い物にならない状態だった。(図1)
しかも、品番からは解像度SXGA+のはずなのに、XGAでしかない!
調べたら、この機種は、オプションでXGAも選べるらしい。
だが、それを知っても後の祭り!
品番後尾のZ75は、必ずしも、“SXGA+の指標”ではない!ってことらしい。(トホホ!)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
付属部品
これまで買ったVersaPro機の多くは、「無線LAN」非搭載だったが、これには標準装備されていた。(図4<クリック>
通常、この機種は机上で使用することが多いので、「有線LAN」を使うのだが、「無線LAN」があれば、使い方が広がるので悪くはない。

また、このジャンクには512MBの「メモリ」も入っていた。(図3)
これなら、店内でACアダプタを借りて「動作」や「画面」を確かめれば良かったのだが、それもせず、ん!
只管(ひたすら)、「3割引セール」に引き摺られて、目暗になっていたようだ。

解像度の推定
液晶画面は壊れていたから、「解像度」などは、もう気にしても仕方がないのだが、「表示部」を別のものと交換しようとして気が付いた。
これは、狙っていたSXGA+画面ではない!
・・・結線数が少な過ぎる!(図5)
SXGA+用の結線は、「コネクタ」には“空ピン”など無いからだ。(図6<クリック>

事ほど左様に、品番・・・Z75だけを当てにして狙って買っても、失敗することがあるってこと。
まぁ、ジャンク品買いは、其処にスリルがあると言えばあるし、ツマラン!勿体無いと思えば、それまでなんだが。(笑)

表示部と無線LAN
こんな傷んだ液晶表示では面白くないので、早速、残してある15型の「液晶表示部」と交換しようとした。

だが、「無線LANアンテナ」やケーブルは「表示部」の中にあるので、全体を取り替えると、それを利用出来なくなる。(図7)
そこで、中の「液晶モジュール」だけを取り替えることにしたのだが、今回は、特に難しくも無くスムーズに交換出来た。

因みに、無線LANのON/OFFスイッチは、筐体左奥にあり、「無線LANカード」があれば、ON状態でLEDが点灯する。(図8<クリック>
私も、LaVie LL550機で、このスイッチにウッカリ触ってOFFにしてしまい、“むむ!無線LANが繋がらなくなった!”と慌てたことがある。



[表紙頁]へ  関連記事の目次へ