[130906]

LaVie LL370FDジャンクに、Vistaを搭載

姪が、旧いノートPC2台を処分したいというので、こちらで始末をすることで、送ってもらった。
NEC PC-LL370FD(左写真)とSONY PCG-946Bで、前者の方はまだまだ使えそうだが、後者の方はWin98ME対応機だし、画面も暗いので、これは即廃棄予定にした。

LL370FDの方は、使っている途中でよく落ちるので、新しいのに買い換えたようだが、その原因は(ジャンク弄りの“年季”を積むと、)直ぐに思い当たる。→掃除!掃除!(笑)

で、中を掃除をし、磨き直して、Vistaを載せてみた。(左写真&<クリック>)
バッテリも元気だし、メモリを1GBにしたら、そこそこ走ってる♪...うーん、でも、CPU冷却ファンが停まらず、その音が結構耳障りだなぁ!

WinVista版の(処理内容に応じてCPUクロック周波数を自動的に変える)AMDの「Cool and Quiet」や「Power Now!」などは、無いらしいので、「CrystalCPUID」で、CPU力を調節してみた。(...でも、静かにさせる効果は、薄そう)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
CPU冷却部の掃除
“使っている途中で落ちる”のは、言うまでも無く、“CPU冷却部の誇り?|埃!の蓄積”だろうと、早速開けてみた。
やはり、長期間使用して来た実績(綿埃)が、積もりに積もっていた。(左写真<クリック>)

現状の構造では、通常使用者に求めるの無理だが、メーカの方で構造を工夫すれば、これの掃除は、誰にでも出来る様に出来るだろうと思う。
が、そうすると、早めに買い換えて貰えないから、勿論メーカとしては、する気は無いだろうなぁ。(苦笑)

掃除をして(左写真)、CPUに熱伝導用ペーストを塗り付けて収納した後、(フォーマット済みの)80GB-HDDを、改めてC,Dに2分割し、ドライブDに、WinVistaを組み込んだ。
暫く、走らせてみたが、落ちる気配は無さそうだ...これで、よし!

Vista組込み
WinVistaの基本部は組み込んだが、例によって、このLaVieも、ドライバ類を探し回らねばならなかった。四苦八苦して、何とか揃えた。とはいっても、殆どネット上の情報にお世話になったのだが。(左図)

問題は、小物類をメイン機から移すのに、「USBメモリ」を使おうとしたら、ポートが全部後ろ側!...?(これ、明らかに、現代消費者向きの設計ではないなぁ!左図<クリック>)
せめて、1口位は横に欲しかった!

メモリ」は、標準の512MBだったのを、もう512MB増やして1GBにしたが、出来れば2GB位にしないと、今の“もたつき”は解消出来ないかも。
内蔵無線LAN」のドライバは、NECの「更新サイト」でサービスされていたもので、OK!だったが、その他のものも一緒に揃えて置いてくれれば有り難いのだが。(無理か?!)

異常値(HDBENCHなど)
WinVistaは、当苑では使い慣れていないので、毎回の事だが、あちらこちらで不具合が出て来る。

例えば、どの程度の“能力”があるかを見ようと、HDBENCHを走らせて見たけど、無茶苦茶な値!(左図)
(通例なら、HDDにSATAを使う機種では異常に高い値が出るのだが、これはATA-IDEなのに、奇妙な異様値!...ま、HDBENCHVista対応ではないから、だとは思うが)
実際の手触りで言えば、やはりメモリ1GB程度では、WinVistaの“モタモタ感”は避けられそうにない。

また、最近良く使うようになった「Windowsムービーメ−カー」を試しに起動したら、この機種では走らないらしい!(へ?ドライバ不適のせいか? 左上図<クリック>)

ファン騒音対策、他
CPUファンの騒音が減らないので、試にCrystalCPUIDで、クロック周波数を1GHzまで落としてみた。(左表)

しかし、これだと、あまり|殆ど効き目が無い。ファンは、同じような調子で廻っている。
筐体後部から吹き出る熱風も、それほど温度が下がったような気配が無いから、ちゃんと変更設定出来ているのかどうかは怪しいが。(苦笑)
この騒音は、夜半に稼動しているのを停めるとホッとするから、結構ストレスになっているかも。

ストレスといえば、この機種では、WinVista SP2など一部が、なぜかちゃんと組み込めないみたいで、何度トライしても“3個失敗!”で、イライラ!(左表<クリック>)
Vista補正用のAMDの「vOPT」も、MSの「Windouws6.0...-x86.msu」も効き目無し!〜?...で、もう、今は諦めた!

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ