[110724]

HP Compaq nx7220WinVistaを、試行してみました

このHP nx7220にはDVDD-RWが付いているのを見て、ずっと前に、DELL用のWinVista-DVDを買ってあったのを思い出して、組み込み&試行をしてみました。(左写真<クリック>)

組み込み途中の何処かで、引っ掛かるかなと思ったのですが、何事も無く組み込めて動作しました。(左写真)

でも、それにすら相当な時間が掛かるし、動作中も「操作」に直ぐ反応してくれない時が多いですね...やはり、これは噂通りの“ダメOS”か?

画面構成は色々出来そうなのですが、リソースの無駄遣いですし、仕事=作業がスムーズに出来ないOSなんて、やっぱ“本末転倒設計”みたい。でも、もう少し試用してみなければ...
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
WinVista組み込み
手持ちのDELLVista-DVDは、正体不明の黄土色のもの。(総費用\1,178送料、手数料込み)

組み込みは、案に相違して、特に問題無し。
但し、“物凄い!”と感じるほど長い時間が掛かり、特に最後の辺りでは停まってしまったかと、一度は諦めて電源を落としたくらいでした。(左写真<クリック>)

“執念”で、最後は何とか組み込めました。(左写真)
(ばっちり、DELLマークが入ってますね。笑)

ドライブを勝手に変更
当苑の常で、Cドライブには、Win98や小道具、小物類を入れておき、Dドライブ(FAT32)にWin2000,WinXPなどの主OSを載せる(左図)のですが、今回のWinVistaは、“組み込む場所が、NTFSでないとヤダ!”と駄々を捏ねます。

止むを得ず、要求するままにさせておくと、勝手に主ドライブを、“Cドライブ”に変更しやがった!(左図<クリック> けしからん!
しかも、勝手に改名して、”ローカルディスク”だと?
ま、一応ちゃんと組み込めたので、良しとしましょう!

ライセンス?
ところで、ライセンス認証の方は、“マイクロソフトのご指定”など、あまり良く知らないのですが、どうなっているのでしょう?
この「WinVisataDVD」も、もしかしたら「OEM版」か「DSP版」であって欲しい!と思ったのですが。

マシン上のラベルに“Vistaコンパチ”と書いてあるので、試しに裏面の「Product Key」を打ち込んだけど、やはりアカン!そうです。
そりゃまぁ、“コンパチ”ってのは、単に“ハードウェアで対応”だけかも。(左写真&<クリック>)

その他、そこら中に見えるコード類を打ち込んでみたら、一応調べていたようですが、“30日期限”が、“残3日”になってしまいました!(アハハ、なんじゃこりゃ?まぁ、いいけど!)

実動&ヘンなALL値
どうも、動作や応答が鈍いので、“動作確認”はHDDアクセス・ランプが唯一の頼り。(左写真 (ちと、オーバーかな?
しかし、クリックした後、暫く待たないといけない場面がかなりあるので、お世辞にも速いOSだとは言えませぬ。

で、例によってHDBENCHを走らせたら、飛んでもない値が出ました。(左写真<クリック>)
幾ら何でも、ALL値268Kとは!それに、HDD値も通常(Win2000WinXPで)なら有り得ない値です。
これは恐らく、HDBENCHが、Vista対応になっていないからでしょうけど、それにしても、この値は(記念碑的)傑作です!
(この件は、後で解明出来た

後で、もう一種DELLVistaを買って来た(2割引\800/枚)ので、これもテストして見るつもり。
...やってみましたが、これはSP1で、SP2を呼び込む必要があるそうです。あー、面倒い!

[表紙頁]へ  関連記事の目次  [一言板]へ