[111228]

mini 9(Inspiron 910)液晶割れ品に、小型外部モニタを乗っけました

魔流さんがmini 9(Inspiron 910に外部モニタを付けて色々されているのを「一言板」で拝見していて刺激されました〜♪

で、当苑も負けじ?と、液晶割れmini 9に“小型外部モニタ”を付けて働かせてみました。(左写真&<クリック>)

Puppy Linux 4.3には、この当苑製モニタに必要なVGA、SVGA用ドライバが入っていないらしく、適正表示が出来ませんでした。
本体側出力信号系もモニタ側入力信号系も、対応範囲内なのですが、多分ドライバ不足の問題なのでしょう、SVGAやVGAは表示不能でした。マイッタ!
で、取り敢えずPuppyは放っておいて、OSはKnoppix 4.7.1にしました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
小型外部モニタ
掘り出して来た自家製小型モニタは、CASIO FIVAを改造したもので、800x600(ドット2SVGA表示が可能のもの。(左写真)

元々の内部回路も活かすつもりで、アナログ・インタフェース部を外付けにして背負わせたため、かなり嵩張った形になっています。(左写真<クリック>)

Fiva本体だけの構造なら、もう少し薄く出来るはずですが、今更なので、このままmini 9の表示部前に乗せてみました。

出だしは良好
この小型外部モニタとmini 9本体とを普通のVGAケーブルで接続して、両方の電源を入れて「2キー」を押したら、あっさりBIOS設定画面が現れました。(左写真)

やる前は、横1,024のXGAか?縦600のSVGAか?どちらになるかは、mini 9次第でしたから、ちょっと不安でした。
よく見ると“上から1/3の所”で不整表示になっていますが、一応は表示可能でした。

そこで、Puppy Linuxを走らせて見たら、最初のメニュー画面まではよかった!(左上写真<クリック>)

Puppyでトラブル
画面設定は、当然SVGA(800x600)だろうと思って指定したのですが、“豈(あに)図らんや!”表示が出なくなった!?(左写真&<クリック>)

残念ながら、WSVGA(1,024x600)やVGA(640x480)のいずれに設定しても出ない!...どうやら、これらのドライバは4.3には組み込まれてない/入っていないのかな?

ところで、後で1,024x768にしたら、一応表示が出るようです。でも、これはちょっと小さ過ぎて見難いです。後述↓

Knoppixで試す
(4GBのUSBメモリを使うつもりでしたが、諦めて)日本橋で買って来た8GB microSDHC(SanDisk \750税込み)と百五円microSD用USBアダプタ(\105税込み)を使い、Knoppix 6.7.1を載せることにしました。(左写真)

これだと、普通にSVGA(800x600)の画面になり、CD起動からUSBメモリへの組み込みも簡単に出来ました。(左写真<クリック>)
やはり、こちらのOSを、主に使おうと思います。
−−−−−−−−−−
小型モニタでのXGA表示
モニタ側の表示能力がSVGAなのに、XGAを表示させたら、どうなるか?!

この自家製小型モニタ(SVGA対応)は、なかなか対応力があるようで、XGAでも無理矢理表示してくれます。(左写真 笑)
尤も、これは(キットで買った)インタフェース回路の機能/効用であって、技術自慢でも何でも無いのですが。

文字の掠(かす)れや潰れを我慢すれば、読めないこともないし、使えないこともない。でも、実用的ではないですねぇ。(左上写真<クリック>)
(その内、ドライバを探して来て、ちゃんと表示出来るようにしたいと思ってます)

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ