[081230]

PC-MJ720Mジャンクは、予想外でした.

外見の程度もそれ程悪くはないし、番号も150番より上の720番だし、きっと性能も上だろうから、今のサブ機 MJ150M との置き換えを検討してみようかと、PC-MJ720M(700MHz)のジャンクを買って来ました。(\2,000税込)

買って来たままの状態(勿論、清掃は済。HDD,メモリは追加)での動作は、至って良好で、Win2000が快調に走りました。(左写真<クリック>)
しかし、ベンチマークでは、この(700MHzの)MJ720Mは“予想外”の低い成績でした。

ついでに、CPU Celeron(700MHz)をPentiumIII(700MHz)に替えてみて、多少は良くなるかと思ったら、逆にクロック倍率が落ちて、性能も落ちちゃった!(Cel:10.5倍→Pen:7.0倍。膨らし粉が効き損ねたパン?)

性能アップには、つい、CPUの「クロック周波数」に注目したくなりますが、今回も高回転HDD(後で、違うようだと判りました)高バス・クロックの方がずっと効果的な事を、再確認する結果になりました。
なので、(550MHzの)MJ150Mの席は、当分、安泰でしょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ベンチマーク
HDBENCHで採れたデータで較べたら、当苑のMebius中ではCPUクロックは最高(700MHz)なのに、載せたHDDとの相性の悪さもあったのか、4機種中最下位!(なに!これ?って感じ。左図。但しHDデータは「Read」のみ。全て、Win2000上で計測)
機種CPUCPU
クロック
システム
クロック
HDD回転数
MJ100MCeleron400MHz66MHz4,200rpm
MJ120MPentiumIII450MHz100MHz4,200rpm
MJ150MCeleron550MHz100MHz5,400rpm
MJ720MCeleron700MHz66MHz4,200rpm

このMJ720Mは、バス・クロックが66MHzと低い上に、拙い事に“普通のHDD”を付けたため、(可哀相に!)最低のベンチ・データになってしまいました。(左上図<クリック>で、相性の悪いHDDの姿)
(相性の良いHDDを付けたら、あるいは最下位からは脱出するかも知れませんが、やはり低いシステム・クロックが足を引っ張るかな?)

CPU入れ替えテスト
MJ720Mは(面白い/愉しい事に)ソケット370で、CPUを簡単に交換出来るので、CeleronPentiumIIIに代えたら、どの程度違いがあるのか調べたくなりました。

700MHz以上で基本クロック66MHzのものを探したのですが、あっても馬鹿高いので、どうせテストですから基本クロック100MHzの700MHzを買って試して見ました。(購入総費用\730)

左写真のように、CPUの差し替えをしてみたのですが、残念ながら、クロックは、66MHzの7倍470MHzにしかならなかった。

それで、HDBENCHの主な値だけ取り出して比較してみたら、左/上写真<クリック>の如く。
Celeron、PentiumIIIの違いは見えずに、クロックなりの値になってしまいました。
(これなら、更に高クロックなPentiumIIIを買ってまで、データを採るほどの事も無いかな)

結論
別途、使用HDDの読み書き速度を比較してみましたが、殊更、遅いようでもないので、システム構成や相性の問題もあるのではないかと思います。

また、「SoftFSB」もテストしてみましたが、クロック・チップが不明で、リスト中反応のありそうなもので闇雲にやったのですが、やはり成功せず。(左写真)

ちょっと残念ですが、このMJ720Mは、現用サブ機MJ150Mと置き換えは、保留!

でもまぁ、DC入力端子やLAN端子の位置、FDD、CDDの左右の位置などは、“使い勝手”に関係するので、“場所変え”などをした時には、案外役に立つかもしれません。
(因みに、CDDやFDDの挿入口は、TP600/Eのように、手前にあった方が使い易いように思います。横は、何かと邪魔です)

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ