[080808]

Let'note CF-L1S N ジャンクを、買いました  *廃棄[20110501]

諭吉さんとお別れしないといけないジャンクPC群の中に、何とか手が届きそうな価格帯のがあったので、その中から、液晶パネル割れ無し、キー欠け無し、バッテリも無しのLet's note CF-L1S Nを、拾って来ました。(\2,480税込)

「HDDマウンタ」の有無は表記が無かったのですが、後で調べたらコネクタはちゃんと残されていました。CDDも入っていて活きていたし、液晶表示も明るいので、程度の良いジャンクと言えそう。

でも、CPUクロック(400MHz)やバス・クロック(66MHz)、L2キャッシュ・サイズ(128KB)などはやや低目で、実動でも、現メイン機(TP600E改)に比べると、かなりのろい感じがしました。(左/上写真<プッシュ>)
以前なら、充分メイン機になっていたでしょうが、もう今ではサブ機としても危ういかな。
試しに、音楽CDを掛けてみましたが、“こりゃダメだ!”天下の汎音Panasonic)の名が泣きそう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
欠品状況
筐体の程度は、ジャンクとしては良い方で、消毒洗剤で洗ったら綺麗になりましたが、残念ながらマウス・ポート(PS/2レセプタクル)が壊れていました。
(面白い事に、これほど壊れていても、ピンは活きていてマウスは一応使えましたが、何やら動きが変になる時もある)

更に、残念だったは、バッテリが無かった事で、BIOS更新などが難しいかなと心配でした。尤も、クリップ+コードで繋げば外部電源でも代用にはなりますが、結局は更新はせずじまい。

Let's note系は、CF-C33といい、これといい、どうもバッテリには恵まれていません。単体で買おうと思っても高過ぎて手が出ない。(CF-C33に長時間バッテリが付けられれば、携帯に便利そうなんですがねぇ)

ドライバ類のこと.
20GB HDDを使って、Win2000/Win98を乗せようと思い、CF-L1S用ドライバを探し出したのですが、何故か自己解凍ファイル(CFL1SUP.EXE,CFL1SDRV.EXE)すら実行出来ませんでした。(左写真<クリック>で、「この機種では実行出来ない」と弾かれた。同じCF-L1Sでも、後ろに N が付くと、もう駄目?)

で、止む無く、ディスプレイ、LAN、サウンド・ドライバは、夫々別々に探して来て組み込む事に。
ディスプレイは、「Silicon Motion LynxEM」(因みに、LSIチップ名は、LynxEM4)用のドライバを幾つか拾って来て、当ててみて、上手く組み込めたのを使いました。

LAN&サウンド・ドライバ組込み.
LANドライバは、どれが適当なのかよく分からず、かなり梃子摺ったのですが、3Com3cmpci.exeを解凍してWin2000EL556ND5.sysを充てたら、繋がりました。(モデムは、未検証)

サウンド・ドライバも、試行錯誤。結局、Afoxaiさん処の「PC虎の巻」を参考にさせて頂きました。(感謝!<(_"_)>)

ただし、これには落ちがあって、手動で一旦完全に電源を落とさないと駄目で、リスタートだけでは上手く組み込めませんでした。

更に、「Win2000で、自動電源断」には、(よく知られている「電源切断ドライバ」)Fujitsuの「fjpoffa.exe」が有効でした。

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ