我楽多苑 Let's note CF-W2
[101226]

CF-W2の入替マザボも、不良でした

動作不良のCF-W2メモリを剥してみたけど、状況は好転せず、やはり全然起動の気配すら無し。
よく考えてみると、「メモリ不良」だったのか、或いは「マザーボード(マザボ)の内部不良」なのか判然としませんでした。

そこで、何とかこれを動作に追い込みたくて、更なる挑戦へ♪
拡張メモリだけの入手は結構割高な様子なので、(メモリ付きの)マザボのジャンク品を買って、入れ替えてみる事にしました。(費用\600送料込み)

説明では「動作品」で、確かに動作はしましたが、残念ながら「液晶表示」が出来ません。(左上写真)
外部モニタでは、表示OKなんですがねぇ。(左上写真<クリック>)

結局、今回は失敗でした。orz (でも、あのCF-T1の方は、実験台として役に立ってくれました!)
さて、次回は何とか動作させたいものです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
マザボを入れ替え
ネット・オークション(ヤフオク)で入手したこれ(CF-W2)用のマザボを、(いそいそと、でも、装着の難しさに悩まされつつ、それを罵倒しながら、)組み込みました。(左写真)

で、組み込みを終って電源を入れたら、“おや?まぁ!”な結果でした。(左写真<クリック>)
泡々!を喰って、再々度、組み直してみたけど、同じ。

液晶用ケーブル・コネクタの挿し間違いを疑って、何度も確認したけど、挿せる向きは決まっているので、それは無さそう。

ケーブル不良か?
ケーブルのリード線の切れは無いだろうか?と、表示ユニットを分解して、リード線の両端を出して、断線の有無を調べて見る事にしました。(左写真)

これにはLVDS方式が使われていますが、リード線の本数(本数は、Clk,R,G,Bのペア4組8本だったはず+電源群+GND群)は、比較的少ないので、チェックは楽勝だと思ったのですが...

テスタで導通を見たのですが、どうも線の並びが順序良く一対一で並んでいないらしいので、さらっとペア4組だけチェック。
一応、これらは、ケーブルでは繋がっている模様。

気になったLVDS回路は、何処にあるのかと探し回ったら、何とINTEL複合チップの中でした!
(下表&<クリック>。ひぇー!HDD,FDD,USBコントローラなんかも、全部入ってる?!)


CF-T1をベンチに
この液晶ユニットを、コネクタが同じCF-T1を使ってチェックすることを思い付きました。(左写真)

先に整備が済んでいてちゃんと動作しているのを、また分解するのは気が進まなかったのですが、手の方が先に動いて?分解!

繋ぎ替えてみると、正常に表示が出ました♪(左写真<クリック>)
結局、液晶ユニット+ケーブルは悪くなかったわけです。

外部モニタでは
もしかしたら、ビデオ・チップの不良なのかな?と思い、(普段は、デスクサイド機に使用している)外部モニタを、これに接続してみました。(左写真)
その表示がちゃんと出る様子から、ビデオの方は正常だと分かりました。(既掲)

では、何処が不良なのでしょう?
画像・映像信号を送るLVDS系の何処かではないかと思うのですが、大半の回路はLSI(RG83855)の中!
(以前のLVDS回路は、独立したICだったので、もし必要なら取替えも可能だったのですが)

LVDS端子傍に見えるのはチップ抵抗群ばかりだし、オシロで端子の信号を見たら、ちょっと気になる信号波形ですが、これも良く分からないから、手の打ちようが無いですね。(左上写真<クリック>)

結局、また、マザーボード全体を取り替えないとダメなようですね。(ヤレヤレ)
−−−−−−−−−−−−
蛇足:DVDDを追加
先回、穴明きが判明したフラット・ケーブルを補充するため、ケーブル付きDVDドライブのバルク/ジャンクを買い足しました。(左写真。費用\780送料込み)

こちらは、多分正常に動作するだろうとの予感がするので、そのままドライブ全体を置き換えました。

尤も、ここは、外れ易いスイッチやレバーがあるので、何度も交換するのは願い下げにしたいのですが。
また、このフラット・ケーブルの方も、差し込むのが難しいので、あまり好きではないです。(左上写真<クリック>)

ぼやき:HDD装填は不快
このCF-W2の構造で一番好きでないのが、HDDの接続ケーブルの配置や緩衝枠/ホルダの形ですね。(左写真&<クリック>)

ケーブルは、主基板を裏返さないと差し込めないし、枠は筐体の中にスカッと入らず、あちこちを押し込まないといけないのが、大層煩わしい。
止む無く、邪魔な枠の一部を切り取りましたが、これでも不十分。(左写真<クリック>)
“えいっくそ!もっと、いい設計が出来んかね!”

(まぁ、ブツブツ文句を垂れるのは、自分が分解・組み立てをするだけだからで、設計者にしてみれば、“そう言うなら、自分で設計してみろ!”って云うかもしれませんね)

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ