[090317]

VA10Jに、電源スイッチを付加しました.

先回(上下が狭い場所に置く、)デスクトップ機代りのノートPCとして、VA10Jを使ってみようと考えました。

しかし、このマシンには「前」や「横」から操作出来る電源スイッチがありません。
で、蓋をしたままの状態で起動出来るように、赤外線通信用の場所を潰して、そこに電源用押しボタン・スイッチを設けました。(左写真&<クリック>)

ちょっと孔開け位置を間違えたので不恰好になりましたが、ちゃんと指先で操作出来て、電源投入も問題無しです。

目下、CPU冷却ファンを停止しているので、長時間運転では、やはりCPUの温度上昇が気になります。
そこで、Intel SpeedStepを使い始めたのですが、「自動」にしておくと、実験中殆どの時間、低速クロック(733MHz)で走っていますねぇ!(折角1GHzにしたのに、何だか複雑な心境)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
配線の追跡.
まず、電源系小基板上で、電源押しボタンの配線先を追い掛けましたが、目視では難しかったので、ボタンを押しながらショート状態になる“二つの端子”を、テスタで探しました。(出来れば、手が3本欲しかった!)

幸い、片側がGNDだった事もあって、比較的早く、該当の端子(No.10とNo.14)を見付け出せました。(左写真)

配線は、主基板側の端子から引きましたが、場所が狭いせいか?半田付けは汚ッ!( >_<; 左写真<クリック>)

使った線は、先般、車載ムービの電源用に使った残りの被覆シールド線約20cm(\70/m)。

前部小基板の加工.
前部の小基板(サウンド系やIR系)は、割合簡単に取り出せます。(が、配線を敷設するには、やはり辺りを裸にしないと!)

小基板の加工では、(IR)赤外送受信器を外して、スイッチの場所を確保。(左写真&<クリック>)

押しボタン・スイッチは、手持の小型のものを探して使用しました。それの、固定方法は、台座を直半田付け
(これも多層基板のようなので、下手に孔を開けると、内部で断線したり、ショートしたりして、酷いトラブルになるでしょうね)

今の処、スイッチはその半田付けだけで、一応留まってはいますが、少し心許無い。(壊れた時は、また修理しましょう)

前面フィルタの孔開け.
スイッチを基板に半田付けで固定した後、前のIRフィルタに印を付けて、ボタンの孔を開けたのですが、(またもや)ミスった!
これは、フィルタの上下を間違えて印を付けてしまったためで、事後対策として、孔を広げました。

まぁ、“孔の大きさは、これ位が適当で、ボタンの位置だけがやや下方にずれてしまった”と考えられなくもないが。(左写真)

これでも、見映えが悪いだけで、操作に問題は無さそうです。
親指で押しても、ちゃんと電源が入りました!q(^^)

これで、加工改造編は、終了!

実動クロックは?
デスクトップ代りのPCとして、仕事を始めさせましたが、CPUファンを停止してあるので、CPU温度の上昇が気になります。
そこで、“保険”?のつもりで、Intel SpeedStepを組み込みました。

「自動」にしておくと、温度は割合低く抑えられるようです。(「MobileMeter」:hexmagicさん作、で観察)
でも...クロック周波数は、733MHzだそうで、これなら以前のSatellite 2270(650MHz)と、あまり変らないが。

それに、平常時733MHzで間に合うなら、何も電力消費の多い1GHzマシンにする必要は無い?
とは言っても、“瞬間風速”が必要な時もあるでしょうから、無碍に“高速性”を断る事も出来ない。

(さすれば、負荷量に応じて、高速性や電力消費を、無駄無く幅広くダイナミックに変化させられるようなパソコンが、有れば良きかなと思ふ今日この頃)


[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ