[080318]

DELL SX270ジャンク、2号機生成   

昇天させてしまったOptiPlex SX270ジャンク1号機、一時は諦めて、廃棄予定でずっと床に放ってあったのですが、何だか捨て切れず。
その内、何時の間にか、16A取れる12V電源が増え、更に(オークションで入手した)マザーボードまで増えて来ました。(費用は下記)

最後に、CPU(Celeron D 325 2.53GHz)がやって来て、遂に当苑最速!?のマシン2号機が出来てしまったというわけ。

これを、何所にどう置くか、目下思案中ですが、今のデスクサイド機AD11-H1の横に、並置するかな?とか...
(が、ディスプレイやキーボードは、共用しないといけませんね)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
マザボの入手・確認
購入したマザボには、筐体がくっ付いて?いましたが、前面に少し傷があったので、ボードだけ入替え。

“チェック済み”との事だったので、取り敢えず自作の電源を繋いで動かしてみようとしたのですが、動作せず??
念のため、(面倒だったけど)主な電解コンデンサを入替えたが、変らず...?

しかし、考えてみたら、サウスブリッジ・チップに穴が開くほどの高電圧(約26V)を掛けたから、CPUだって生き延びているはずもなかろうと思い当たって、土曜日に大阪・日本橋へ。
(幸運にも!丁度その日開催中だった「ノートPC、デジカメのジャンク市」(恵美須町側J&P)と出合い、ジャンク・デジカメをほんの2,3個。w(^-^;)

元のCPUは、2.25GHzでしたが、買ったCPUは中古の2.53GHz。あまりクロック周波数の高いのにすると、電力消費の増大とファンの騒音増大が煩わしいので、程々のものにしました。
それに入替えたら、素直に立ち上がった!
(左上写真<クリック>で、死んでいたCPU。が、見た目変らず。更に、<プッシュ>で、1号機チップの破裂跡)

電源について
昨年の暮れに、PC-NETの“電源ジャンク大放出”時に見掛け、買っておいたもので、デスクトップ用のコンパクトな電源(およそ185x82x55mm 「POWER MAN」 IW-P240F1-0)。
+12Vは、16Aも取れるそうです。これなら、SX270用としても十分でしょう。

しかし、他の端子や線類が目障りですね。SX270専用にするなら、必要分だけにして他の線は外してしまうのも一案ですが、それも勿体無い気も。
今後、デスクトップ機は、増やさないつもりなんですが、気が変わって何時この電源が必要になるかも知れません。
そこで、出来るだけ現状のままで使う事にします。

電源端子(ATX)
ところで、どの端子に12Vが出ているのか、(恥ずかしながら知らなかったので)古い資料を探してみました。(「PCコネクタガイドDOS/V POWER REPORT編、他)

端子機能は左図のようですが、コネクタ実物の左端4ピン部は取り外し可能で、右側が基本の20ピンになります。

「14 PS-ON」は、マザーボード側からこの電源をON-OFFするための端子で、「GND/COM」に落とせばいいらしい。(左写真では、仮に線状半田で結合してます)
(尚、+5VSBは常時出力、PW-OKはON表示用だそうです)

で、12VやGNDは、それぞれ2本ずつパラで取り出すつもり。

その他の部材
CPU調達に行ったついでに、無駄かな?とは思ったのですが、DELLFDD、DVI-VGA変換コネクタ(必要なケーブルは、既にあるんですが)も買って来ました。
$2号機用追加出費用$(結局、1号機と同じ程の出費に)
項 目名称・機能等費用
 電源IW-P240F1-0\500
 マザボSX270\2,109
 CPU2.53GHz\1,780
 内蔵用FDD3.5inch 1.44MB\200
 変換コネクタDVI-VGA\600


[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ