[表紙頁]へ  関連記事の目次へ
[151125]

FRNU308のWin7 Starterは、Win10に、置き換えられるか?

Win7 Starterが搭載可能なFROTIER FRNU308に、Win10を乗せ換えようと頑張ってみた。
MS社の案内では、Win7 StarterWin10 Homeに置き換え可能だとのことだったので、楽勝だろうと思っていたが、とんでもない!状況だった。
(長時間の更新ファイルをダウンロードしています”という無駄な待ち作業はかなり苦痛だったが、片手間でやっていたから我慢は出来たが。苦笑)
結局、Win10 ISOファイルでのクリーン・インストールしか方法が無かった!(図2<クリック>
しかも、(当苑では)事前に、Win98 DOSFDISK&FORMATをしてからでないと、うまくクリーン・インストールが出来なかったのが辛かった。
でも、最後は何とかインストール成功!(図1)

Win10 (Home)は、窓枠の修飾なども省略されていて、軽快さ”には気を使われているようだが、「表示」が冗長だったり、「検索」で痒いところにまで手が届いていない面もあり、「まぁこんなもんかな?!」という感じ。(笑)
使い勝手が違う処は、慣れないと仕方が無いだろうが、今の処、「これは拙い!」と思う点が無い(?)のは幸いだ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
偽の更新
当初、このFRONTIER FRNU308では、Win7 Starterからのアップグレードが普通の手順だろうと、ネット経由で始めたのだが、そうは問屋は卸してくれなかった”
途中まではトントン拍子だったが、更新プログラムをダウンロードしています”から、先へは進まず。(図3)
ここまで幾種かの作業にトライしたが、結局Win7から更改する方法はダメらしいことが分かった。
どうやら、Win7 Starterの更新そのものが上手く行かないのが、大元の元凶のようで、(201個の)更新プログラムに6時間以上掛けても、更新ゼロだった!(図4<クリック>
因みに、当初の「Win高速化で処理済み」はダメなようで、次に「Win7更新インストール」や「Win7クリーン・インストール」で始めても、やはり「更新...」が絡むようで、結果はダメだった。

フォーマット
最後に「Win10クリーン・インストール」をやらざるを得なくなったわけだが、それも、Win7が残っていると、なぜか上手くクリーン・インストールが出来なかった。(これは、多分、Win7の更新が済んでいないためだろうと思う)

結局、Win98のFDを使って、(NTFSは、そのままではフォーマットが出来ないので)いったんFDISKで領域開放をしてから、改めてフォーマットを実行!(図5)

MS社から提供されたISOファイルは、ディスク書き込み(焼き込み)もしてくれたので、別途(怪しい?)焼き込みソフトを使わずに済んだのは有り難い!

そのインストール用ディスクで、Win10を組み込んだら、比較的スムーズに進められた。(図6<クリック>
この「あと少し」で、先日参訪した聖宝寺の280段の階段を思い出した。(笑)

Win10の軽快さと冗長さ
Win10の起動の速さ(遅さ?)は、Win7とそれほど違わない感じ。(図7)

Win10で目に付いたのは、「窓枠」が(自棄に)粗雑(?!)なことだ。
質素”なのは構わないが、その割にはゴテゴテし過ぎ”の感じがする。

例えば、「エクスプローラ」で、上横に意味も無くゴテゴテと大小アイコンが並び、階層的でもなければ、連携的でもなく、直観的にも探し難い並びだ。(図8<クリック>
また、左側の「メニュー」に、クイックアクセス”で余分なものが、PC”と二重に表示される。(図8<クリック>
こんなのは、余計なお世話”だ!

昔は、作業効率”を重視し人間工学的に工夫するといったことが流行したが、今時は、そんなことはお構いなしに、雑然と気の向くままに並べたのではないか?もし、そうだとしたら、それに付き合わされる私達ユーザはいい面の皮”だな。(苦笑)
まぁ、カスタマイズ出来るなら、そのうち追々と変えてやろうと思っているが。

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ