[111028]

PC-8NC1の無線LANを、やっと稼動させました

このマシンPC-8NC1、時々取り出しては動かしてみているのですが、ネットに接続するのに、有線LANを使ったり、WLI-PCM-L11GPを使っていました。

今回、頑張って、内蔵無線LANカードに「Intel WM3B2100」を使って接続出来るようにしました。

何ってこたぁない!さる“サービス・ソフト”を走らせればよかっただけなんですがね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
補助ソフトが不可欠!
これまで、「内蔵無線LAN」を繋げたくて、“無線LANカード”を替えたり“ドライバ”を変えたり、してみたのですが、どうも繋がる様子が無い。

この「WM3B2100」カードなどは、ちゃんと組み込めていて“正常に動作する!”はずなのに、接続不可!でした。

無線LAN用押しボタン」が押しても効果が無かったので、妙だと思いながらも放置していたのですが、実はこれが鍵だった!(左上図<クリック>)
それを有効にするユティリティ(Launch Manager)を、先に走らせないといけなかったのでした。

つまり、Hitachi製「Launch Manager」(左上図)を組み込んでおいて、「押しボタン」を有効した上で、無線LANを繋げるようにしなければいけなかったってわけ。(日立サポート・サイト
(でも、何故、こんな押しボタンをソフト制御にしないといけないのかなぁ?)

接続準備&開始!
この「無線LANカード(WM3B2100)」も、BuffaloAirStation用ユティリティで「プロファイル」などが設定出来ます。(左写真)

ところで、「無線LAN押しボタン」を押した後に長〜く、へんな“メッセージ窓”が残るんですが...え?勝手に消えるまで待ってればいいって?(左写真<クリック>)

このWM3B2100は、802.11b接続だそうですが、本体側は802.11gも可能らしいので、カードを探して入れ替えてみてもいいですね。
ただ、試しに、WM3B2915ABG(11a/b/g自動選択型)を挿してみたけど、ドライバが上手く当らない?(“!マーク”が外れない)
これは、残念ながら、本体側に“11a対応能力”が無いから、かもしれません。

接続情況
バッテリの持ち/保ちを調べてみたら、約1時間ほどでした。(左写真<クリック> 赤線部分)
これなら、完全ワイアレスに出来そうです。
その状態で、当苑を表示させてみました。(左写真)

ただ、このマシン自体の「タッチパッド」は、あまり感触がよくありません。
右端を擦れば、上下スクロールが出来るのは、いいのですが、クリックの時に、勝手にカーソルが飛んだり、移動がスムーズでなかったりするので、かなり扱い難い。
(これは、タッチミス以外に、不要電磁誘導などのせいか?と疑っているのですが、常に安定なIBMのスティック・ポインタのようなのが、欲しい処です)

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ