[090706]

L7VMM2(マザボ)のBIOSを、書き換えました

今回、L7VMM2ボードの“BIOSの更新”手法で、メニュー上に「PC Health Status」を復活?させる事が出来ました!
オマケで、(余分な?)「PCメーカ・ロゴ」の方は、あっさりと消えました。(左写真。<クリック>で、以前出ていたロゴ表示)
実は、“ヘルス・メータ?が欲しかったし、ロゴは不要”だったので、願ったり叶ったり!

前々から、マザーボードの“BIOS Setup Utilityメニューの少なさ”と“PCメーカ・ロゴの存在”とは、何か(逆)相関があるのではないかと疑っていたのですが、今回それが確認出来たような(そうでないような)?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
更新の目的
元のボードのマニュアルには、ちゃんと“PC Health Status”の項が存在しているのに、このマザーボード(PCメーカへのOEM品)には、それが無かった!(左写真<クリック>)

もしかしたら、これのBIOSを更新したら、元のボードのように“PC Health Status有り”に戻せる!かな?と興味津々。(左写真)

幸い、このボード・メーカのサイトには、更新用BIOS(Ver1.0A)が用意されていて、以下のような説明があったので、(へそ曲がり的 発想のもと)思い切ってやってみる事にしました。
 *問題が生じていない場合、BIOS更新はするな、との警告あり。(実は、項目に過不足があるんですが)
 *OEM品の場合、PCメーカと相談するように、との警告あり。(んなもん、相談出来るわけ無いがね)
 *Windows上で、簡単に更新が出来る。(これ、便利!)
 *事前に、バックアップ・ファイルが作れ、やり直しが出来る。(万年失敗屋には、大変有り難い!)

更新作業と結果
で、更新用BIOS「l7vmm2_11a」と「Awardflash」を上記サイトからDownLoadさせて貰って、(現在Win2000で動作する状態にしてある)ボード上で展開&実行。
尚、当苑のボードのクロック・ジェネレータは、例の“カニさん”マークの方(RTM360)。左写真<プッシュ>で、そのチップ。

その「WINFLASH」の画面が左写真で、4パート(Boot Block, ESCD Block, DMI Block, Main Block)に分かれていて、個別に更新出来るとか。
(でも、それぞれがよく分からんなぁ?まぁ、やり直し出来るらしいから、今回は全部更新だ!)

まず、バックアップをしておいてから、l7vmm2_11aから生成したvmm2918.binを読み込ませて更新をしたのだが、あっさり終了。

更新後、リブートして、BIOSセットアップ画面を見たら、“おーっ!「ロゴ」は出ず、「PC Helth Status項目」が増えてる!”(左上写真<クリック>)
欲しかった「CPU温度」や「ファン回転数」が読み取れるようになりました。w(^^)w
(試しに、元に戻すのも一通りやってみたが、問題無く復元出来ました)

結論
このL7VNN2ボードの(不要な?PCメーカ・ロゴを消して、)「PC Health Status」を出現させるのに、“BIOS更新”は有効でした。ハハハハ!
(こんな事は、折角の自社ロゴが消されてしまうから、PCメーカは推奨しないでしょう。でも、ジャンクとして、元のボードに戻っているわけだから、別に構わないはずですよねぇ)

[表紙頁]へ  関連記事の目次1  関連記事の目次2