[091104]

LL700Rジャンクの修復を、断念しました.

先般来、Prius(PCF-200A4T)ジャンクの修復に挑戦しているのですが、それの“中休み”中に(懲りもせず)、中を確かめてやろうと、同類だとお聞きしたNEC LaVieL LL700R/7のジャンクを買って来ました。(休日特価\800税込)
確かに、“内部の構造”や“主基板”はまったく同じで、不動状況も“電源は入るが、起動せず!”と、よく似ています。
そこで、これをモルモットに、少し不動原因を調べてみました。

しかし、結果は(毎度の力不足で)原因不明のまま。
仕方が無いので、“パーツ取り”した後、分解廃棄する事に。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
構成
左写真は以前のPrius(PCF-200A4T)の内部構造で、上記のLL700Rとまったく同じ。
違っているのは、CPUBIOSチップ(EEPROM)とメモリ・チップ位のようです。(但し、LL700RにはModemはあるが、LANは無し)

もし、Priusジャンクの不動原因が、主基板上の“傾向不良”だとしたら、このLL700Rの方で原因を見つけ出せる?...かもしれない。それに、壊しても構わないという安心感もある。(?)

ただ、原因箇所が同じかどうかは、やや疑念もありました。このLL700Rは、電源は入るがHDD、CDDをアクセスしに行っている様子が無いので、別原因のおそれも?

不動原因の探索
まず、LSIやメモリ・チップを力任せに 押えて回る事から始めましたが、状況がまったく変らないので、CPU裏のコンデンサなども、端子の半田を外してショート/オープン・チェック。(左写真)
最後は、メモリ・チップの不良を考え、それらを剥がしてみました。(左写真<クリック>)その代わりに、拡張ソケット側に、128MBを差して、確認テスト。
しかし、結果はいずれも変らず、不動のままでした。

また、ビデオ・チップや他のLSIなどは、ほんのり暖かくなる程度なので、電源電圧なども少し調べましたが、大方の箇所で5Vなどが供給されていて、電源回路の異常は、可能性が低そう。
(ただ、個別電源制御用の信号が、ちゃんと出ていない可能性はありそうですが、詳細は分からず)

結局、これも不動原因が分かりませんでした...●|~|_
単純な原因でないと、修復は難しい!ってのが、今回の結論でもあります。

成果?
成果の無いまま終わるのも面白くないので、これから、有効部品を取れるだけ取りました。

まず、CDDだと思っていたのですが、実はDVDコンボだったので、これはPriusジャンクにも使えそう。(参百円位?)
次に、バッテリがまだ充電可能なようなので、これも使えます。(参百円位?)
後、PC100-128MBメモリはオマケ。(弐百円位?これで、一応、元は取れたようです)

最後に、BIOSチップを剥がして、Priusジャンクのテスト用に残しました。(左上写真<クリック>)
また、13.3"の液晶表示部も、もしかしたら使えるかも知れないので、これも残!

期待
他方、Priusジャンクの方は、不動原因が“BIOS壊れ”であれば、復活の可能性もあるので、それに期待したいところ。更に、もしそれが動けば、こちらのBIOSチップも試してみたいですね。(けど、出てくるロゴは“妖しく”なるなぁ)

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ