[060712]

VW-200を、パスワード帖にしてみました.

以前、say96さんから頂いたVW-200、何か活用方法が無いかと(ずっと夜も寝て)考えていたのですが、内蔵電池(1.4V空気亜鉛電池)も結構高価だったしで挑戦意欲も出ず、そのまま放置状態でした。

先日、現品COMで、4個1パック\100と云うのを見付け思わず注文。
でも、送料を見ると\800なので、ヤケクソで3パック注文しました。
(日本橋新品価格だと通常1個二百八十円位なので、「送料」で最低必要数の3個は買えるけど...通販なら、「数」で対抗するしか策は無いもんなぁ。・・・尚、この電池の有効期限表示は2002.09デシタ)

しかし、これだけ数があると、何としてでもVW-200を活用せねば...
で、苦肉案として、各種のライセンス番号、IDやパスワードを、必要時直ぐに参照出来る「パスワード(PW)帖」にしてみました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
パスワード帖にするわけ.
世の中、物事が便利になるほど損壊/盗難の危険性/度が増すのは周知のことですが、当主は、特に金銭に関連しそうなIDやパスワードは、出来るだけ少ない方がいいと考えていて、極力それらは増やさずに頻繁に入れ替えるように心掛けています。
それはそうなのですが、実は数が少なくても常に記憶が淡いので、メモを見ながらでないと、とても正しくは打ち込めないという問題もあります。
一時、紙に書いたものを貼り付けていたのですが、(バカ丸出しに見られそうで恥ずかしくて)直ぐに剥がしてしまいました。

現在は、MI-610を利用しているのですが、机上が散らかっている時などは、この大きさでもちょっと邪魔な事も。
そこで、胸ポケットにでも入れておけるこのVW-200が便利かな?と考えたわけです。

(余談ですが、今ならさしずめ「携帯電話」などとも比較されるでしょうし、「VW-200」などは1次予選で敗退か?しかし、その不便さは、反って意味があるかも)

準備作業など.
親機として、どのノートPCを使ってもいいはずなんですが、説明書によれば、VW-200への書き込みには、config.sysに変な(?)ドライバ(CHIPDRV.SYS/IBMCHIP.SYS等)を組み付ける必要があるとの事。ここはやはり相性の良いPC110にすべきでしょう。

始めはPC-DOS(入りのCF)を使ってVW-200に書き込むテストをしていたのですが、データ群を書き込む段になって、リスト・ファイル作りが面倒になったので、Win95(入りのCF)と入れ替えて作業しました。

データ群を、MI-610DCのCFから、PC110のPCカード・スロット経由でコピーしようとしたのですが上手く行かなかったので、一旦メイン機TP600へCF-USBアダプタ経由で読み込み、ついでにそれらのテキスト・ファイルへの変換もそこで済ませました。
TP600から、PC110へのデータ群の転送は、無線LAN経由でやりました。

使ってみて.
データは「テキスト」に変換したものを、親機PC110からVW-200へ流し込んだのですが、このデータをVW-200上で修正したり、更新データを親機の方へ戻す方法が、未だ分かりません。(多分、それ用のプログラムを自分で作ればいいのかも知れませんが)

また、コントラストが低いので、他のノートPCの画面とを交互に見ながら、この画面のデータを読み取るのは結構苦しいですね。 (左/上写真、<クリック>でVW-200の画面)
でも、便利さに慣れてしまった“なまくら身体”には、いい緊張感維持トレーニングになるかも。
暫くこのまま試用してみようと思います。

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ