[表紙頁]へ  関連記事の目次へ

[二〇一七年一月二十九日]
模型電車の高架線路を、改良した

看視カメラ切り替えプログラム」を試すのに、“借景ジオラマ”で模型電車を走らせて、その動きを見ているのだが、(衝動的に)その「高架線路」の不具合が気になって来た。
(「橋脚」は同じなのに)“地面の高さ”が不揃いのために生じる“線路の上下動”や“接続部での断電”などが、頻繁に起きるから。

これを思い切って改善しようと、百均ショップで「ワイヤーラティス」(30x70cm ¥108税込み)を買って来て、両端を折り曲げて「支え」とし、「線路」をその上に乗せる方式に替えた。
これの幅や長さが丁度良くて、「線路群」も安定したし、「ラティス」の不要箇所を切って取り除いたら、見栄えも良くなった♪(図1)
ついでに、“路線”に“ポイント”や“引き込み線”を増やしてみたら、結構、様になって来た。
後は、「終着駅」でも増やせれば...と思っている。

因みに、この方式でやれば、もう一層上に線路を増設出来るかも...でも、やらない。
やりたいのは、「清掃電車」だ。毎回、綿棒で線路上の金属汚れを拭い取るのだが、結構面倒なので、それを自動化出来ればなぁ...と。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
跨線橋高さの問題

当初、「ワイヤーラティス」を、両端を折り曲げて脚にしただけで、「ラティス・ライン/格子線」を残したままで使おうか?と考えていたが、駅構内の「跨線橋」の背が高過ぎて邪魔なので、二者選択を迫られた。
「跨線橋」(図4<クリック>)を止めてしまうか?空間を作ってそこへ移動させるか?のいずれか。

結局、「跨線橋」は場所を移し、向きを変えることにした。(図3)
(この駅を利用する乗降客から、反対の声が出ないコトを望みながら。笑)
邪魔になる「ラティス」を部分的に切り取ることにしたのが、「ラティス」の“切り取る箇所/無い空間”を広げられるだけ広げよう!と、様子を見ながら(ハンド・ニブラで)切り取って行った。

全体的に切り取ったら、それまで目障りだった「ラティス部/格子部」が目立たなくなって、“借景”の効果が出て来た。
(両サイドの格子も、徹底的に切り落とせば、すっきりするだろうが、今はその必要性も無いし、その気も無い)

「支え」の問題

「線路」が、結構軽いので、かなり曲芸的な「支え」にはなったが、一応、安定はしている。
(これまで、飛び々々にしか使えなかった模型の橋脚群よりは、ずっと良い!)

内側の増設線路も、中空に置けるから置いたのだが、流石に、これでは締りが無い感じ。(図5 苦笑)
此処には、「駅」でも付け足して、早晩“見栄え”を改善したい。

他方、給電部の方は、宙ぶらりんだった配線が、「ラティス」に留められるので、ウッカリ線を引っ張った時でも、抜け難くなった。(図6<クリック>

尚、「ワィヤーラティス」の折り曲げには、大昔に買った「折り曲げ機」が役に立った。
周辺部のパイプの太さ(約8mmΦ)+αが問題だったが、幸い、挟み込めたので、曲げは簡単だった。
これで、“プログラム作成”の方にも、もっと精を出そう。(^^;


[表紙頁]へ  関連記事の目次へ