[021216]

AMiTYの、立ち上がり不調の元凶は、HDD?.

最近、AMiTY VPが2台共、Win95の立ち上がり時にペンでタップしても、ハングアップする事が多くなって来ました。 一度立ち上がってしまえば、後はまったく問題無いのですが...(以前の課題)
面倒だったので暫く放置していましたが、"使おうとした時に素直に使えず"で、遂に業を煮やして原因を追求する事に。

夜な夜な、本体を分解したり、首を傾げたりして研究?した結果、HDD 1GB(IBM DMCA-21080/DSOA-21080)との相性が悪い事が判明。これを別種のに取り替えたら、快調に立ち上がるようになりました。(今は、標準品750MBにしています。)
また、その不調HDDでも、あるコントローラを「使用不可」にすれば、素直に立ち上がる事も分かりました!(?)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
原因の究明(=試行錯誤)
初めは、ソフトの問題だろうと考えて、ペン・ドライバや他のドライバの入れ替えや、果てはOSの再インストールまでしてみましたが、まったく改善されませんでした。
次に、メイン・ボードを疑って、ちょうどCPU取り用のジャンクでまだ壊していないのが1台残っていたので、これのボードでもやってみました。けれど、やっぱダメ!
そのジャンクに付いていた標準HDD(左写真の左側)には、銅のショート・リング(漏洩磁力線遮蔽用-タブレットへの影響軽減が目的?)が貼ってあったので、それを外して不調HDDに付け替えてみました。が、これも効き目無し!
妙な事に、OSWin98に替えたら、立ち上がりは素直になりましたが、今度は終了時に自動で切れません。(x_x;;

思い余って、ジャンクに付いていた標準のHDD(FUJITSU M2722TAM 750MB)に替えてみたら、これは当然、上手く立ち上がります。

HDDの交換
試しに、別のHDDと入れ替えてみました。そしたら、どれも正常に立ち上がります。
立ち上がり快調HDD立ち上がり不調HDD
FUJITSU M2722TAM 750MBIBM DMCA-21080 1GB
IBM DBOA-2540    540MBIBM DSOA-21080 1GB
TOSHIBA MK6017MAP 6GB 
唯一不調なのは、IBMの1GB HDDだけ。(左の写真の右端)

表は、手元にあるフリーのHDDで調べた状況です。(何の脈絡もありませんが。)

結論は、IBM製1GB HDDとAMiTY VP(特に、PhoenixBIOS)との相性が悪いのだろう、と言う事に。

余興-コントローラ殺し?
あれこれ調べている途中で、分かった対症療法ですが...
立ち上がり不調の1GB HDDでも、「システム」の「ハードディスク・コントローラ」の[スタンダードIDE/ESDIハードディスク・コントローラ]を[X]使用不可してしまえば、不思議な事に、後は素直に立ち上がり、以降の動作も問題無い事が分かりました。(左図)

(この状態では、PCカード・スロットでCFなどのストレージを読ませる時にはマズイでしょうけど、こんなコントローラ、殺しておいても問題無いとは、ちょっとした驚きでした!)

未完の終章.
勿論、この1GBは他のPCでは何の問題も無く使えていて、AMiTY VPでだけの不具合なのですが、それにしても"OSの立ち上がり時にハングアップとは!"これまた妙な処に落とし穴があったもんです。
今の処、"HDDの入れ替え"や"コントローラの停止"だけでお茶を濁していますので、更に、原因の究明が必要かも。

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ