[090331]

Aptiva 2134 を、大改造しました

このAptiva 2134は、目下“物置台”としての地位は確たるものですが、出来ればもう少しパソコンとしても、役に立って欲しいものだと思い、性能向上にマザーボードの入れ替えを考えました。

実用性を考えて、CPUクロック500〜800MHz位、DVD再生・書込可能を目標に、ジャンクのマザボを探す日々が続き。

始めは、日本橋を探索していたのですが、ジャンクでは小型版で安くていいのが無い。
結局、ネット・オークションで色々ジャンクを買い漁り、その中の良さそうな2枚の内から、元IBMAptiva2179内蔵のボードの方を選択。(Aptiva E 2179-50L 総費用\1,588/\5,652)

このボードでも、筐体後ろ面の板金加工?は必要でしたが、電源SW・LEDコネクタ類との勘合性やドライバ・ソフト類の入手性などが良かったので、上手く仕上がりました!w(^^)

購入パーツ類は、大半がジャンク品で、PentiumIII 866MHz(\100/\1,680)、3.5" 60GB-HDD(\830)、rwDVDD(\400)、USB-3,4増設用端子モジュール(\350)、240W電源(\100/\1,100)、3.5"FDD(\200/\300)、PC133-128MB(\100/\800),PC133-256MB(\600)。
目に付いた余分なものまで、あれこれと買い集めたので、結構高く付きましたが、一応目鼻も付きました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
保存の趣旨
(新陳代謝を促すため?)極力、旧い機種は廃棄処分にしていっているのですが、この横箱型Aptivaは、構造的にもガッチリしているので、物置台として、ずっと残して来ました。
しかし、中身は旧いAT機なので、殆ど使い道が無い。
ある日、突然“勿体無い意識”が働き、中身を入れ替えて実用機に生れ変わらせれば、多少は使い道もあろうかと考えた。

AT機のままでグレードアップをする案も考えたけど、やるなら中をあっさりATXボードに代える方向です。
それも、microATXなら、結構自由度があるから、何とかなるでしょう。(最初、うっかりminiATXボードを買ったけど、筐体に納めるのが、なかなかに難しそう)
CPUは、socket370socketAに狙いを付けました。(間違っても、Pen4などにはしたくなかった)

ボードの収集・選択
ボードは、ジャンクばかり各種計7枚を、オークションで購入。
(ボードの値段は十円から百円、本命は五百円でしたが、いずれも総費用の殆どは、送料と手数料

microATXの動作品2枚(Aptiva 2179-50L内蔵用とFICFR33)の内、筐体との相性が良さそうな2179-50L用SiS 630搭載)を選定。(左写真)

FR33には、取説、ドライバ入りCDが付いていたし、これのBIOSには「CPU Health」があって、CPU温度が直ぐ見られるので、放熱器のテストに便利が良かったのですが、残念ながら前面PW,HDD-LED用コネクタの相性が悪かったので、使用せず)

電源の選択
電源は、以前百円で買った薄型(240W)のがあるですが、これを使うのが何だか惜しくて、新たにジャンク品を2個買って来て、その内小さい方を使おうとしました。
取り付けも問題無く、残りの空間も充分なように見えたのですが、後でボードを乗せてみたら、もっと薄型の方が空き空間が使い易く、後ろ板の板金加工なども楽な事が判明。
(左写真<クリック>。仕上りのイメージを、始めにちゃんと頭で描ければ、よかったのですがねぇ)

結局、薄型の方を使う事にしました。(左写真は、最終形態)
電源後ろ側は、L型金具を付け足して固定してあります。

筐体後面の加工
コネクタ類を露出させるため、少し後ろ板の一部を切り落としたのですが、どうも、これでは中途半端で、不十分。(左写真)

いっそのこと、“コネクタ類は、出来るだけ出るようにしてやれ!”ってんで、粗い線引きをして(軍手を嵌めて)金鋸の刃だけで、そこを挽き切りました。

これで、(重視していない)オーディオ関係を除いて、入出力端子は、ほぼ全部接続出来るようになりました。(左写真<クリック>)

騒音防止の点からは、宙ぶらりんで共鳴し易い箇所を残さない方が望ましいのでしょうが、万止むを得ませぬ)

USB-3,4の取り出し
(例に漏れず?)このボードにも、USB端子は後ろに出ているのですが、前からUSBが使えないと不便なので、増設用端子を買って来て増設しました。

プラスチック部の窓孔開けは、毎回失敗するので、今回は慎重の上にも慎重に位置決めしてドリルで小孔を開けた後、細&平ヤスリなどで仕上げました。(左写真)

更に、この後ろ側にはシャーシの前板があるのですが、丁度この位置に窓があるので、増設端子容器及びケーブルは、その空間を通しました。
(接続:ボード上の端子は、左[黒 緑 白 赤]右(CPU側))

今回は、まあ、何とか上手く納まりました!(左上写真<クリック>)

問題箇所
3.5"FDDを繋ぐ段になって、手元には(途中で10-16番線が捻ってある)3コネクタ・ケーブルと、短い2コネクタ・ストレート・ケーブルがあったので、“迷う事無くストレートの方”を使ったら、どうやってもBIOSでFDDが認識されません。
色々、試行錯誤した挙句、(長くて邪魔なんですが)捻ってある方のケーブルにしたら、あっさり認識されて、動作開始。
(旧い文献で調べたら直ぐに分かったのですが、)ドライブが1台だけなら、迷う事無く捻ってあるケーブルを使うべきでした。orz

今回も、ファンは2個(電源内蔵+CPU用)なので、やはり、かなり五月蝿いですね!
少しでも、電圧を下げて回転音を減らそうと、LEDを直列に付けてみました。(左上写真<クリック>)
しかし、あまり効果は無さそう。(はて、この先どうしたものか?)

仕上がり
CPUは、日本橋の中古店で、PentiumIII 866/256/133/1.75V(\100)が買えたので、労せずして、866MHzになりました。
メモリは、PC133-128MB,256MBの2枚で384MBにしましたが、大容量メモリが安く入手出来れば、増やそうと思っています。
HDDは、IDE-60GBを搭載。FDDが使えなかった時に、取り敢えず、CD-ROMからWin2000を(1パーティションで)インストールしたのですが、その内やり直して2パーティションにするつもり。

ドライバ類は、Aptiva 2179-50L用のが、そのまま使えるかな?と思ったけど、実際に使えるのはWin98、Meまで。(lenvoサポート・サイト
結局、必要なドライバ類は、SiS社のDLサイトから、DownLoadさせて頂きました。
 ビデオWin2000 IGP Graphics Drivers SiS630 & SiS730 series
 オーディオWin2000 Audio Drivers SiS7018
 LANWin2000 Network Drivers SiS900 & Integrated SiS LAN

CDD機能は、OSのインストールで確認出来たが、DVDD機能の方は未検証。でも、多分大丈夫でしょう。
尚、ディスプレイは、同じ置くなら、もっと大型でちゃんとしたのが欲しいのですが...

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ