我楽多苑 PC-VY13M BIOSパスワード 解除出来ず
[120815]

PC-VY13M/EX-Rジャンクを、買ってみましたが   *廃棄:2012年10月末

ネット・オークションで見掛けて、偶には、また“パスワード・ロック外し”をやってみるか!と血迷って、このPC-VY13M/EX-Rジャンクを最安値で落札、購入しました。(総費用\1,659送料、手数料込み)

これには、「BIOSパスワード」がセットされていて、BIOS設定には入れませんでした。
ところが、ESCキーでパスすれば、FDDやHDDの読み込みは可能なんですね!(左写真<クリック>) 一体、何のためのパスワードなんだか...

「BIOSパスワード」を解除するために、幾つかの方法を試したのですが、どれも通じず。
これは多分、EEPROM内に記録する方式で、以前ThinkPad A30A21eなどでやったような、三線式解析・解除ツールを用意しないとダメなのかもしれませんね。

でも、無理にパスワード解除をしなくても、ノートPCとして必要な事は殆ど出来てしまいましたので、考えていた当初の目的の(パスワード・ロック解除)作業は止めにしました。。。結果、WinXpで走ってます。
(過去例を見ていたら、PC-VY11Fでも似たようなことがありました ただ、今回のジャンクは「CD-ROM」からは起動出来ず)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
BIOSパスワード・ロック
「商品説明」には、“これには(BIOS)パスワードが設定されていて、簡単には外せそうにない”とあったので、それを期待して落札したのですが、その通り「BIOSパスワード」はバッチリ設定されていました。(左写真)

最初は、思い付くままに色々な数字列や文字列を入れてみたのですが、いずれもダメ!

そこで、定番の「バッテリ外し」を試みました。(左写真<クリック>)
この方法は、パスワード・データは、補助電池でバックアップされたCMOSメモリに保存される方式だろうという想定で、電源になるものは全部外して丸1日放置してみましたが、見事に期待外れ!変化無しでした。(はて?このボタン電池は、何用なのかな?)

BIOS更新では?
次に、方向を少し変えて、これにWinXpを載せました。(左写真<クリック>)
その過程では、「BIOSパスワード」は、邪魔や悪さなどは一切しませんでした。(当然か?)

BIOSを更新すれば、パスワードもクリアされることもあるらしいので、次にNECのサイトから「BIOS更新用プログラム」を貰って来て、更新を試しましたが、これももうダメ!
既に、BIOSは最新版になっているらしい。(左写真)

その他、cmospwdというソフトも試したのですが、これには“EEPROMの場合は、ダメだろう”とのコメントもあり、やはり結果もダメでした。

そうこうしている間にも、F2キーを押し遅れたりすると、勝手にWinXpが立ち上がって来ますので、もう“BIOSパスワード解除”は、やるだけ無駄な気がして来ました。で、一旦止める事に。
どうも、仕事がイージィな方に流れてしまいますねぇ。これでは、良くないんだけど...(苦笑)

性能や特性など
このマシン、キーボード周りはテカリも多く、相当に使い込まれた感じがありますが、使おうと思えばこのまま継続して使えそうですね。
そこで、特性などを調べてみました。(左図&<クリック>)

HDBENCHのALL値は、やや低めだなぁ。実際、走らせると、ちょっとモタツキを感じます。
これくらいの図体だと、もう少しシャキシャキ働いて貰わないと、割に合わない!

それにしても、これ、あまり機能的にも特徴が無いという珍しい機種です。
(オフィス用にまとめて数百台ほど作った機種なのかな?)

バッテリ、他
ところで、バッテリの方はどうでしょう?
もう寿命が来ているようですが、BBENCHで調べたら、およそ20分程度は保つ/持つようです。(左図)
これなら、当苑の机上用としては十分で、(当苑特有の!)“DCプラグすっこ抜け”の心配は無いでしょう。

このマシン、表示の方は、結構明るくてムラも少ないので、まぁまぁ良し!(左写真<クリック>)
...でも、(当苑内では)可も無く不可も無いスペックなので、他のジャンクに混じって長期に生き残るのは難しいかも。
(いずれは、整理グループ入りになるでしょう)

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ