[表紙頁]へ  関連記事の目次
[140717]

NEC US300aジャンクを、買ってみた  *廃棄:2014年9月中旬

近頃は、ノートPCの面白そうなのが少なくなって来たせいで、ちょっとした変り種を拾うようになった。
先回は、(あまり使いそうに無いのに)ASUS EB1007を買ったのだが、今回は、シン・クライアント(Thin Client)−NEC US300aNEC資料)を買ってみた。(図1、図2<クリック> ACアダプタ付き\980税込み)
“Thin”とは言うものの、“薄い”というのは機能上のことで、現物は結構厚めだ。

事務机の上に置いて使うのに適したサイズなのかもしれないが、何か中途半端。
皮肉な見方をすると、“意図せずに、部品を寄せ集めて作ったら、こんなサイズになった...”といった感じ。(尤も、先回のASUS EB1007の方だって、それほど小さくはなかったけど)

こちらの方は、HDDが内蔵出来ず、スタンドアロンにはならないので、当苑では使い難い。
収穫物も、あまり多くないので、はて?どうしたものかと思案中。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
内部構造・構成
これの中を見るには、3+2個のビスを外せば済む。
開けてみて、あの五月蝿い冷却ファンが無いことが分かった。(図3、図4<クリック>
本体は、ジャンク品ではあるが、未使用の新古品らしく、綺麗なもんだ!
(冷却ファンが無いので埃の蓄積なども無いから、多少使用済みであっても、分かり難いかな?)
ふむ!これはいい!

冷却用フィンの溝の方向も、(筐体を正置した場合の)気流の上昇を考慮してある。
(ってのは当然か!)

メモリは、1GBが載っていた。
(その横の小基板は、どうやら、ROM-1GBのようだが、書き換え可能なSSDらしいが)

だが、待てよ!...HDDを追加する場所が無い?
これではスタンド・アロンで動作させたくても、実際には難しいなぁというのが、実感想。

BIOS設定の表示
中のハードウェアを見た後、動作の可否を調べてみた。
「ACアダプタ(12V,4A)」が付属していたので、それと、「外部ディスプレイ」と「外付けキーボード」を付けて、取り敢えず、「BIOS設定表示」を出してみた。(図5、図6<クリック>

CPU(Celeron M)やクロック周波数(1.00GHz)だそうだが、(主処理や計算はホストの方でやるから、)「Thin Client」機能とすれば、これで十分なのかもしれない。
(スタンドアロンでやるなら、少し物足りないかな?)

HDD-IDEは、「DiskonModule」の1GBだそうで、上記の「ROM-1GB」のことらしい。
此処には、元々(WinXpベースの?)ファームウェア(クライアント、グラフィクス、LAN、その他のドライバ類)が入っていたのだろう。
例によって、これらのドライバ類は、単独ではサービスされていなくて、「アップデート・モジュール」しか無い。(...ま、いいけど)

ストレージの現状
付いていたストレージを外してみたら、「P/N DH0010G22RN1」とあった。(図7、図8<クリック>
この品番をネットで検索したら、「1GB High Speed Disk on Module」だそうな。
eBayでは、us$12で売られているようだ)

このマシンは、元々クライアント(端末)機能だけ持てばいいから、こんな程度のストレージで済むのだろう。
ASUS EB1007では、「160GB-SATA」が載っていたが、あれはスタンドアロン使用も考慮されていたのだろう)

下に見えるコネクタ・ピンは、「CF(コンパクト・フラッシュ)」用だと思うので、もし増やしてみる場合は、そちらで試せるかもしれない。
(でも、本格的にOSを載せて走らせるには、ドライバ不足だしなぁ...)

ストレージ増大方法
「CF」の搭載が可能かどうか試したくて、プラスチック・スタンドをニッパーで切り取って、「CF-16GB」を差してみた。(図9)

奇妙なことに、上に「ROM-1GB」を載せていると、それだけがマスタとして認識されるが、下に差した「CF」の方は認識出来ないらしい。
なので、「CF」単独にして、ジャンパの有無で、マスタ/スレーブの切り替えをやってみた。
「CF」は、そのどちらにも出来た。(BIOS設定では、図10<クリック>

が、上に「ROM-1GB」を載せると、やはりそちら独占か?
(ただ、全部の組み合わせはやっていない。CF:マスタ、ROM-1GB:スレーブは未確認)

(これに、OSを載せて走らせる気が起きないのはどうしたことか?苦笑)

[表紙頁]へ  関連記事の目次