[110117]

FMV-830MTのマザボを、入れ替えてみました

先回、不調だったFMV-830MT、搭載LSIをあちこち加熱し過ぎたせいで、遂に完全に立ち上がらなくなってしまいました。(左写真<クリック(><;?

液晶画面や筐体は、比較的綺麗だったので、何とか復活させたいと思い、マザボ正常品を入手して入れ替えようと考えました。

入手したのはタッチパネル式FMV-830MTで、“訳あり動作品!”(費用\2,160送料込み)
届いた品は、「BIOS」はOK、「HDDフレキ端子の蓋壊れ」で、「タッチパネル面」はかなり汚れ/擦り傷があり、画面も暗かった。(左上写真の左側)
マザーボード(マザボ)だけは使えるだろうと思ったのですが、実は、“単なるHDD端子壊れ”ではなかった!
HDD接続フレキ、“端子部への接続”をどんなに細工しても、HDDがBIOSで認識されず
(嗚呼!これが“訳あり”だったのかぁ!)

本体の起動方法については、USB起動で含みを残して保留とし、別件の大変難しそうだった多端子ソケット(miniPCI)の植え替えには(一見)成功?し、スキルアップが出来たので、今作業はよし!とします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
状況
実は、今回買ったものは、そのまま起動出来て、BIOS設定も出来ました。(左写真)

さて、いざHDDを付けようとして接続端子部を見ると、「フレキ押え」が馬鹿になっていて、きちんと留められない状態。(左写真<クリック>) 更に、HDDがBIOSで認識されていません!?
(後で考えると、きっとHDDが認識されなくなってから、先人が弄り倒して、ここを壊してしまったのではないかと想像)

ここの押え方を調節したりして、何度も試してみたのですが、「プライマリマスター」は相変わらず「なし

動作は?する!
「起動」を「フロッピーディスク」にして、USB-FDDから起動したら、普通に立ち上がりました。(左写真)
従って、HDD系単独の故障/不良化のようです。

そこで、上板類を全部剥がして、関連しそうなLSIを直接押えて、何か変化が出ないかと試してみたのですが...効果なし!

(きっと効果は無いだろうなと思いながらも)FDからBIOS更新を試してみましたが、やはりこれも最新版が入っていると見えて、更新ならず。(左上写真<クリック>)

他のドライブは?
HDDがダメなら、他に起動出来る手段は無いものかと、CFカード型HDD(PCMCIA)を挿してみましたが、やっぱダメですね。認識しない!?(左写真&<クリック>)

FDD以外の起動方法として、LAN(ネットワークサーバ)から起動を掛ける方法が残されていますが、これ、実は良く知らないし、上手く使えたとしても、スタンドアロン(独立)型ノートPCとして期待するような役割をしてくれないわけですから、当苑では非実用的です。
でも、好奇心から、一度どんなのか試してみたい気もあります。
それと、まだ「USBメモリからの起動」も可能性がありそうなので、後日じっくり確かめてみたい!
−−−−−−−−−−
余分作業:ソケット植え替え
色々な作業の途中で気が付いたのですが、元のマザボにはminiPCIのソケットがあるのに、今回買ったマザボには、それがありません。

どうせ、それを残しておいても役に立たないし、この「多ピン型ソケットの移植」が出来るものなのかどうか試して見たくなって、移植作業をしてみました。(左写真)

一番気になっていたのは、熱に弱そうなプラスチック部の「変形の有無」でしたが、注意してやれば、変形無く剥がせるようです。(左上写真<クリック>)

ソケットの移植成功?
ピン数が多いので、半田付けは結構手間が掛かりますが、何とか出来ました!(左写真)
尚、下準備として、半田吸い取り線で、盛り上がった半田を取り除いておきました。(左写真<クリック>)

取り付け時の「コツ」は、半田付け前のソケットの「最適位置決め」で、ピンからはみ出る下地/ランドの長さが長いほど良い

そうすれば、追加半田が、やり易くなります。
でも、両側を同じようにそうしないといけないので、結局、最適位置は中央の一点しか無いわけですが、(息を詰めて)ルーペで確認しながら、固定しました。
(でも、“世の常、人の常”で、一寸ずれてしまい、尻側ピン列のランドが狭くなり過ぎた!)

一応、移植/半田付けは出来たのですが、望み通り動作するかどうかは、本体がOSで動いていないので確かめられませぬ。

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ