[100912]

LL700/5Dのキーボードを、入れ替えました

キーボードが不良化したLL700/5Dの“壊れキーボード”を、暇々にチェックしていたのですが、偶々、同類の不調ジャンク品を見掛けたので、買い足してみました。(MK+ Series JPN Rev:3B 2枚 総費用\1,100 送料・手数料込み。左写真<クリック>)

目的は、キーボードの不良箇所は、何処が多いか?或いは、LL700/5D本体側の不良なのか?を知りたかったので。

物は2枚で、どちらも不良品のはずでしたが、実際に付けてみると、1枚は確かに不良でしたが、他の1枚は正常に入力可能!
ために、“確認実験”を続ける気力が消散しました。(^-^;?
(もしかしたら、これらの“不良化”は、この夏の猛暑のせいかな?)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
検討
このキーボードは、2枚のシートの内側面に、配線と電極が印刷?されているはずですが、「入力出来ない」場合は、上下接点間に異物が入り込んでいたり、配線との接合部が断線していたりする可能性を考えて、上から見える範囲で調べてみました。

幸い?/不幸にも、端っこのDELキーも入力無反応だったので、これを集中的に、ルーペなどで観察、強力擦りなどを実施...でも、何も分からず。(左写真&<クリック>)

情報を探して、ネットで「MK+ Series 不良」で検索すると、最初に、ゴテ屋さん処が見付かりましたが、この記事を拝見して不安になったのが、本体側の不良の話。

同類品購入
“本体側不良化”の確認には、出来るだけ多数枚の不良キーボードを入れ替えて調べるのも、一案かと思い、ネットオークションへ!
幸い、LL500系の適価なのが見付かり、運良く落札出来ました。(左写真&<クリック>)
(因みに、正常なキーボードの方は、高値=本体購入価格以上のものばかりゆえ、とても手を出せませんでした)

入れ替えて見ると、1枚の方は、何ら異常状態は見られず、いずれのキーも正常に入力出来ました。
(他の1枚は、勝手に連続“/”キー入力状態♪)

入れ替え結果
半信半疑ながら、試験的に“仮名交じり漢字文”で文章を入力してみましたが、特に異常は出ていません。(左写真)
更に、延べ6時間ほど放置した後でも、異常なし!

これは、出品者が、“正常キーボード”を“不良”と誤認されたのではなくて、もしかしたら、本体側が異常だった可能性もある?

他方、当苑のLL700/5Dは、これで本体、キーボード共に正常化したようです。結構々々
(でも、もう、このマシンのメイン機への復帰は、無いでしょうね。何かの時のピンチ・ヒッタ位か)


[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ