[030705]

J_Pocket2インストーラの謎.

TP365Xで、(J_Pocket2のインストーラで)PMDrawをインストールしたら、たったの数十秒で終わるのに、PC110TP230Cs改では、2時間も3時間も掛かるのがどうにも不思議なので、ちょっとだけ調べてみました。 (「TP230CsにOS/2」の記事&追記参照

config.sys内の部分修正で、少し時間短縮できました。
(その方法については、Takechiさん処(OS/2 POCKET)(リンク切れ)を参考にさせて頂きました。感謝![(_~_)])

でも、謎の解明は殆どできていません。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
改善方法.
処理時間の短縮、つまりパフォーマンスを改善する方法として、次のようなのがあるそうです。
  MAXWAIT=1  (旧値:3)
  SWAPPATH=D:\ 2048 40960  (旧値:2048)
早速、config.sysのバックアップを作ってから、上記のように書直して、再起動しました。

結果.
インストーラにPMDrawを組込ませ、その進捗状況を採録したら、左図のようになりました。
以前、3時間近く掛かったのに比べると、1/3以下(約48分)になっています。
やはり、MAXWAITの書直しが、よく効いているみたい。

しかし、PC110(40MHz)とTP230Cs改(133MHz)とでは、FPUの有無やクロック周波数の違いで、差が出るはずと思っていたのに、全然変わらず(?_?)

と言う事は、まだ強い律速要因が別にあるのでしょう。しかも、それはCPUの能力には関係しないらしい。
(遅延タイマか何かが働いているような感じもしますが、それだとTP365Xでも同じようになるはずですが...)
いずれにしても、謎を解くには、更に幾つかのアイテムや呪文を探さないとダメなんでしょうね。
(単にこのインストーラは、低機能機とは相性が良くないだけなのかも。なら、あまり大騒ぎするほどの事でもないのかな?しかし、どうすれば、こんな偏屈なプログラムが作れるのかは、やはり!)

余談.
「インストーラの窓」の高さが、何故か480ドットを越えています。(あまり身勝手な事も言えませんが、毎回のサイズ調整が面倒なので、初期状態では、大きさをVGAのサイズ以下にしておいてくれたらなぁと愚痴ってます。ん?これもカスタマイズできるのかな?)
(左最上部の図では、[Install]や[Exit][Help]ボタンが押せるように、少しだけ上へ移動させてます...もぅ、中途半端!)

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ