[090103]

DDO効果を、調べてみました

先回のHDD速度比較で、DDO DynamicDriveOverlayが、HD(ハード・ディスク)の読み書き速度に影響があるのでは?という疑問・期待を確かめてみました。

このDDOは、元々、大容量HDを扱えないBIOSを“騙して/助けて”、それらを読み書き出来るようにするためのブート用プログラムであって、“読み書き速度を向上”させる事などは、あまり求められていない(はずの?)ものです。

当初、“DDOの速度向上に効果”に関しては、半信半疑だったので、改めて、複数のHDDで調べて見ることにしたわけ。

しかし、このDDOは、もう今では無料で入手出来ないし、IBM Disk Manegerでも、容量が不適なものには、簡単に書き込んでくれない難点があります。
そこで、以前に組み込んだ旧いHDDから、(自作のプログラムで)必要箇所を抜き出して転写する方法で、組み込んでみました。

結果は、期待したように、左上グラフ例のように“速度向上効果”が認められました。w(^^)w
これなら、手っ取り早くPCの高速化が出来そうです。

但し、調べたHDDは(旧型)ATA/IDEタイプのHDDだけ。(SATAタイプについては、DDOが使えるかどうかも分からず、全く不明)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ベンチ結果
先回とほぼ同様な方法でテストしました。
DDOの有無状態(なし/あり)には、下のような3種の比較方法があるのですが、あまり違いは無さそうなので、結果表には、それらを混在させています。(試験FDは、BT.EXEを含むDOS起動用)
 
DDOなし
DDOあり
1.同じHDDで、DDOを組込まない状態
(組込前)
同じHDDで、DDOを組込んだ後の状態
DDO有効)
2.同種・異HDDで、DDOを組込まないもの同種・異HDDでDDOを組込んだもの
3.DDOを組込んではあるが、
試験FDを始めから挿して、それで起動し、
DDOを無効にした状態(DDO回避)
DDOを組込んでおいて、
DDO起動後に、試験FDを挿す方式で、
DDOを有効にした状態(DDO有効)

結果表 (「“」は「同上」の意)


注目ポイントは橙色欄で、DDOを有効にした時は、必ず、速度が上がっている事です。
(例外は、Fujitsu MHE2064AT 6.4GBで、Read速度で弱転?していました)

吸出し・書込みプログラム.
この実験を進めるために、当初、DDOを6GBや10GB、30GBへ書き込もうとして色々試行錯誤。
Linuxddコマンドなどを使えば、簡単なはずなのですが、勝手が分からないので、あっさり断念。
また、“HDD丸ごと移転ソフト”などでも可能だと思いますが、必要範囲を考えると物凄く無駄だし、実は、あまり上手く出来ませんでした。

そこで、DOSベースのアセンブラで自作。サイズは34KBほどですが、殆どがデータ・バッファのサイズです。
LBAの00から63(ブロック/セクタ)までを、「所定ブロック群」として扱います)

名称 : txddo.com (参考使用可。左上の「結果表」<クリック>で、その動作画面)

これはDOSモードで動作するプログラムで、機能は、次の3コマンドによるもののみ。
1.w : データ・ファイル「block.bin」のデータを、HDDの所定ブロック群に書き込む。
     その前に、所定ブロック群からデータを取り出して、バックアップ・ファイル「block.bak」を作成。
2.m : DDOが含まれた所定ブロック群のデータから「block.bin」を作成。
3.e  : 終了(DOSに戻る)

このプログラムの操作で、「mコマンド」は、源ファイル「block.bin」を作るだけなので、1回だけで済みます。
「wコマンド」は必要台数分だけ。「処置」が完了すれば、xxメッセージが出ます。

尚、バックアップ・ファイル「block.bak」を作成するようにしましたが、これはちゃんと試した事がありません。
“元に戻す”、つまり、どの程度の処まで進めた状態から戻せるかが大事なのですが、未だ未解明です。

DDO取出し・書込み&テスト.
DDO取り出し用として、左写真(左)のようなIBM IC25N020(20GB)がありましたので、これをEPSON N5263にセットして、DOSに、txddo.comを含めた実験用FDで起動。
で、必要なブロック・ファイルは、簡単に取り出せました。

電源を切って、HDDをターゲットに取り替えてから、実験用FDで再起動。書き込みも、すんなり完了。

再度、電源断後、そのHDDで起動したら、左写真<クリック>のような“メッセージ沢山”の画面。(要は、OSを組み込めって事らしい)

このままの状態でも、Write,Readはテスト出来そうですが、どうも、値の変動が大きいようなので、ちゃんと「領域の確保」、「フォーマット」、「DOSの組込」、「Config.sysとAutoexec.bat組込」を済ませてからにしました。

結果と今後.
数台調べた結果は上表の通りで、調べ方は至って雑だし、何故向上するかの理由・理屈もよく分かりませんが、少なくとも、この“DDO組み込み”は、やって損になる事ではなさそうです。

現行のHDDは、そのままやって中身が壊れても困るので、あまり触れるつもりはありませんが、今後使うものには、出来るだけ入れてやろうと思っています。

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ