[111117]

hp compaq 6715s不動ジャンクを、分解して調べてみました   *廃棄:2012年2月5日

以前、HP機のジャンクが安かった頃(!数ヶ月前)に買ったhp compaq 6715sの(電源が入らない)不動ジャンク。(左写真 総費用\991送料、手数料込み)
何とか、原因の特定≒「ショート箇所」を探るべく頑張ったのですが、やはり今回も“曖昧結論”で、ホシ(犯人)は挙がらず迷宮入り。

それらしいデバイスを一つずつ外しながら“ショートの有無”を調べたけれど、“これだ!”というのが確定出来ず。(左写真<クリック>)
むしろ、探索順路・場所を逆から追った方がよかったのかもしれないと、最後に気が付いた。
(実は、これに近い話は、以前にもあって、その時は不良デバイスが略確定出来たのですが)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
電源を短時間接続
このジャンクは“電源が入らない”ので、多分、何処かの電源ショートだろうと、電源系統だけを追っ掛けて行きました。

標準のACアダプタを使うと、内部がショート状態の時には(保護回路の効果で)電圧ゼロになるため、実験の役には立ちませぬ。
なので、別途、電流容量20V,3Aの外部電源を使う事にしました。(左写真<クリック> これでも、電流容量が不足でした

それで、電圧の出具合をテスタなどで追っ掛けて行くと、U12(コンパレータLM393)のピンNo.8に(供給電圧と同じ)+20Vが来ていました。(左上写真)
他方、直ぐ近くのU13(コンパレータAS339)の電源供給端子No.3には、電圧が通っていなくて“停電状態”です。

仮接続する
その間を線でちょっと繋いで見ると、CPUファンが少し動き、大電流が流れました。

そこで、(例の危険な技/業(わざ)なのですが、)それをスイッチに替えて、短時間だけONにして大電流を流し、各所の様子を見る手法を採る事にしました。(その様子の動画

これで、発熱する箇所を指先で調べながら、何処まで大電流が通って行き、どの辺りでショートしているかを探してみました。

発熱チップのチェック
大電流を流した時、よく発熱するのはスイッチング用MOS-FETですが、あちこちのスイッチMOS-FETが“発熱”していました。(左写真&<クリック>)

それらを剥がしたり、再度半田付けをしたりして、電流の流れる様子を見たのですが、どうもこいつらの経路ではなさそう...?

また、これら以外にも、電解コンデンサなどもチェックして、怪しい物は、尽(ことごと)く外してみたのですが、“ショートの原因”はそれらでもないですね。

ショート原因デバイス探し
熱かったIC-55BR(左写真)を外したら、今まで、(スイッチを入れる度に)流れていた大電流がぴたりと止まりました。でも、これも単なる中間スイッチでしょう...
だから、この以降の経路に“ショート原因”があるはずなのですが...でも、沢山の行く先があるようですね。

そこで、一大決心をして、可能性のある基板上のデバイスを一つずつ(高温度ブロワで加熱して半田付けを熔かしながら)剥がして、大電流が止まるかどうかを調べてみました。(左上写真<クリック>)
しかし、外せども外せども、どれも原因デバイスではなさそうです。orz

最後?のデバイス
ほぼ終わりに近くなって、51100というスイッチングMOS-FETを外したら、今まで3A以上だった電流が(適量?の)1Aになりました。
ということは、問題はこれ以降の経路だって事ですね。

ここで、改めて気が付きました!
ここの基板裏側には、外部補助バッテリ用接続端子があり、当初その傍のダイオードが焼け焦げていたのでした。(左写真<クリック>)
(実は、nx6310不動ジャンクでも同じことが起きていた

一番最後に、この付近からチェックを始めるべきだったのでは?との疑念が湧きましたが、後の祭り!
それと、もっと大電流を流せるDC電源を使って、「ショート箇所を燃やす!調査方法」も考えておいた方がよいかな?と考えてますが、どうなりますやら。

今回は“電源入らず”の原因のはずだった“ショート箇所”を突き止められませんでした。悔し!

ジャンクの風味
話変わって、近頃、ネット・オークションで見掛けるHPDELLの高級機ジャンクの廉価入手が、ホント難しいです!(無理をして失敗しそうなので、今は控えてますが)

高級機で、ジャンクとして出て来る台数が少ないと、“二箇一”、“三箇一”で修理するのは、コスト・パフォーマンス面でかなり損です...それなら「動作品」を選んだ方が得ですが、それも高値過ぎて手が出せない。トホホ!
(ふーむ、高級ジャンク漁りが難しい時代です)

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ