[130509]

Endeavor NA104ジャンクを、買いました   *廃棄:2014年12月

久し振りに(でもないか)多量(十数台)に出ていたEndeavor NA104ジャンクの内、綺麗そうなのを1台選んで買って来ました。(\1,680税込み)

二千円を切るジャンク・ノートPCは、もうスペックが格落ちか、あるいは欠品モノでしょうが、これは(ダミー・スロットはあるが)CD/DVDドライブが無く、如何にも廉価っぽいから?
それに、メモリや無線LANカードも無し。(HDDは当然ナシ!)

面白そうだったのは、WinVista搭載で、HDDもSATA対応だそうです。
(後で調べたら、)CPUクロックが933MHzなのに、Vistaで大丈夫なの?と心配になりました。
OSは、取り敢えず、WinXpにしましたけどね。(笑)

液晶表示は、多少暗い感じがしたのですが、光パワーメータで計ってみたら、画面中央付近で約1.7μW、実はやや明るい部類でした。(参考値:暗いThinkPadで約1μW、明るいVY20Mで約2μW
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
無線LANフィーダ
消毒洗剤で軽く垢落としをしたら、なかなか綺麗になりました。(ま、キートップのテカリは、かなり進んでいたけど)

その後、「メモリ」1GBを装着してから、手近かにあった「無線LANカード」を乗せて見たのですが、可笑しい! ・・・ フィーダ線の長さが足りませぬ!えー?(左写真)
一頻り、押したり引っ張ったりしてみたけど、ビクともしない。

他のことは放って置いて、兎に角、フィーダ線(灰色)を延伸出来ないかと筐体の分解に掛かりました。でも、キーボードの取り外しもなかなかで、大苦労!(後述)

やっと、剥がしたキーボード下の様子を見たら、フィーダ線は分かりましたが、固定されている箇所があって、簡単に伸ばせるかどうか分からず。(左上写真<クリック>)

筐体の分解とフィーダ延伸
いよいよ全分解ですが、これは、「上カバー」と「液晶部」とがビスで固定してあり、“一体”として外さねばならないようです。

ところが、散々苦闘したものの、「上カバー」と「下台」とは、遂に分離出来ませんでした。
仕方が無いので、無理の抉じ開けた状態で、フィーダ線の固定部(テープ留め)を剥がして、“引き廻し”が自由になるようにしました。(左写真)

それで、“三角形の2辺を斜辺に置き換える”要領でフィーダ線を引き廻して余裕を作り、やっとこさ、両方のフィーダを接続出来るようにしました♪(左写真<クリック>)

尚、適合「無線LANカード」は、Intel WM3945AGBだそうで、そのドライバEPSON社の提供ドライバの中に含まれていました。(EPSON Directサポート・サイトXp用

只の1スピンドル
このマシンは、やはりWinVista搭載用らしく、HDDはSATAタイプでした。(左写真)
しかし、当苑手持ちのSATA-HDDは、生憎、今品切れです。
(逆に、旧ジャンクを処分してIDE|PATA-HDDは、ストックが増えて来ているのですが)

取り敢えず、他機(VY21ME)から80GB-HDDを引っこ抜いて、充当しました。
(また、小容量のSATAも増やさなければ!...しかし、闇雲にIDE-HDDを増やして来たけど、今ではそれが余って来たのですから、もう少し工夫せねば!...かと言って、“使い廻し”ばかりしていると、本体側のメンテ時には不便なこともあります)

尚、これには、CDD/DVDDは装備されていません。(別に無くても困らないか!)
嫌らしい事に、このドライブ・スロットは厚みが標準サイズではなく、特殊な薄型のようで、折角沢山ストックしてあるドライブ群は、厚みオーバーで、どれも使えず。(左上写真<クリック>)
僅か1mmほど厚いだけなんですがねぇ。orz

で、OS(WinXp)のインストールは、「外付けUSBドライブ」を使ってやりました。
無事組み込めて、ちゃんと走り出しましたが、ちょっと長く負荷を掛けているとCPUファンが廻り出します。
(あ、これじゃあ、HDDとで2スピンドルですねぇ。笑)

特性
一応、動作状態でHDBENCHを走らせて見ました。(左図)
以前から、SATA-HDDでは極端にHDD Read/Write値が大きくなるはず、という思い込みがあったのですが(その例)、これだとそれ程大きな値でもないですね。
(・・・ 思い込みは止めなくっちゃ!)

ALL値もそこそこなので、これで果たしてWinVistaがちゃんと走るのかな?
(まさか、例によって、ヨタヨタではないでしょうね。後で、試にVistaを載せてみるかな?)

因みに、現在、10GB(Cドライブ)と70GB(Dドライブ)にしてあった80GB-SATA-HDDを流用して、Cドライブの方にWinXpを組み込んだのですが、“容量不足だ!”って詰(なじ)られてます。(テヘッ!) ・・・ なので、全体の配分をやり直さねばなりませぬ。
(昔は、CドライブにWin98+小道具類、DドライブにWin2000WinXpでしたが、近頃はCドライブにWinXp+小道具類、DドライブにWinVistaWin7だから、Cドライブの10GBは小さ過ぎ?!)
尚、CrystalCPUIDの実行結果は、左上図<クリック>で。。。CPUクロックが933MHzでも、WinVista用ですか!(試すのが、愉しみだ!)

余談−留めビス探し
最後まで、この筐体を上下に分離することが出来ませんでした!

当初、内側の何処かでビス留めされているのかもしれないと、HDD下の黒シートを無理矢理剥がしてみましたが、何も無し!(左写真)
無理に引き剥がすと、何処かが壊れそうなので、それも出来ず。
結局、中途半端に開けた状態で、フィーダ線の取り廻し処置はしたのですが、甚だ不本意です。

それと、キーボードの取り外しも、気が付くまでは難関でした。
3箇所の爪(左写真<クリック>)を押し上げて凹ませ、その下のキーボードを少し持ち上げればいいのですが、最初はその場所が分からず、闇雲にやっていたら塗装が少しずつ剥がれて来ました。(トホホ!) (・・・ マジックを塗って、誤魔化そうとしましたが、これは乾くとテカるから、良くないですね)

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ