我楽多苑 PC-VY10M タッチパネル割れ 液晶シミ
[101108]

VY10M/BW-Tのガラス割れジャンクを、買いました  *廃棄済み

今週末の日本橋には、興味があったTP50eなどは、先週殆ど掻(か)っ攫(さら)われてしまった模様で、もう目ぼしいものは残っていませんでした。
ただ、表面ガラスが割れたPC-VY10M/BW-Tが1台残っていたので、“ゲテモノ承知”で買って来ました。(\2,000税込)

大体、タッチ・パネルのガラスが割れたタブレットPCなど、ホントは一文の値打ちも無いはずなのですが、そこはジャンカの悲しさ?(何でも再生・復活させてみたいという意欲が湧いてくると、留めようが無くて)
つい、取り上げてしまい、前面(割れ)ガラスを剥がして通常パネルだけで使えるようにしました。(以前のFiva505での事例
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
動作確認と上シート残
掃除・洗浄後、電源を入れてみたら、あっさり起動!(左写真)

必要電圧は15Vですが、(15Vジャストでないと駄目だったLL700/5Dと違い)通常の(ThinkPad用)16V,4.5Aでも良さそうです。ただ、芯径が太いので、変換プラグが必要でした。

予想通り表示の方は、正常なようです。
当然、この割れガラスは、取り除きます。また、上に保護用のプラ・シートがあるので、ガラス破片はその中で留まったままですが、この保護シートも不要!(左写真<クリック>)

ガラス剥がし
上の保護シートは簡単に剥がせましたが、ガラス板(タッチ・パネル自体)の方は少し梃子摺(てこず)った。
割れた小部分は、抉(こじ)て剥がしたのですが、大きい面積の方は、下手に抉ると小さな欠片が飛び散るので、そのままやるわけには行きませんでした。(左写真)

そこで、薄刃ナイフを、両面接着型クッション・テープの横から突き込んで、それを裂くように切って行きました。(左写真<クリック>)
かなり抵抗が強いので力は必要ですが、切れ方はスムーズ。
勿論、タッチ・パネル用のフラット・ケーブルは、そのままナイフで切削して行きました。

隙間と画面シミ
タッチ・パネルを取り除いたら、液晶パネルと前枠との間に約2mmほどの隙間が出来ました。(左写真)
遠めには、それほど目障りでもないのですが、多少誇り、いえも入り易くなるでしょうから、何か埋め草を考えたいと思っています。

それより問題なのは、こいつもシミが沢山あることです。(左写真<クリック>)
気を静めれば、このままでも使えない事はないですが、これも、いずれ清掃・洗浄対象にするかも。

その他の課題(キー欠品と騒音)
この所、ノートPCのキー欠けに使えるキー・ボードを探してもなかなか見付からず、結局最後はジャンク・スパイラルに陥るので、これも最初からEキーが欠けていたので、余程購入を止めようかと迷ったほど。
(でも、“ガラス割れ”への好奇心には、勝てなかったのですが)
これは、チャンス待ちでしょうね。

それから、これの冷却ファンですが、回転し始めると物凄い音を立てます。(左写真<クリック>と、ちょっと録音過程でマイルド化した騒音
これらの課題を、今後どうするかなぁーと考え中。

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ