我楽多苑 VersaPro VY17F/LX-X ジャンク購入
[130616]

VersaPro VY17F/LX-Xジャンクを、買いました   *廃棄:2014年12月

先日、以前買ったVY17F/LV-Wと同類のVY17F/LX-Xジャンクを、うっかり?ちゃっかり?買ってしまいました。(\1.980税込み)

問題点が「BIOSパスワードあり」だったので、少し厄介かな?と思ったのですが、まぁ何とかなるだろぉー♪ってな調子で。(笑)
キーボードは、結構テカリがありますが、背中はなかなか綺麗でしたし。(左写真<クリック>)

動き出してから少しトラブルがありましたが、一応、YouTubeで、外国映画を長時間連続して見られる状態になってます。(左写真)
(左/上写真は、「新三国」(YouTube)の“呉”の将軍−呂蒙(りょもう)ですが、ちょっと見、Tokioの山口君似!?しかし、この映画、うんざりなほど延々と続きますね。第67集でも未完)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
付属品
VY17F/LV-Wとの外観上の違いは、パームレスト左側にある「指紋認識部」ですが、当苑ではこれは全然利用して無いし“値打ち無し扱い”です。

これに乗っていたのは、「無線LANカード(ALPS製)」で、これは当苑有用品!(左写真)
勿論、その他の「HDD」や「メモリ(PC2タイプ)」は載っていませんでした。

最近、やっと数が増え始めたSATA搭載機と違い、これは(余って来た)IDE-HDD搭載機種なので助かります。
実は、SATAの安価な中容量HDDが欲しいと思っても、日本橋では殆ど見掛けないし、種々のサイズのIDE-HDDもまだ手元に沢山残っているから、こんな機種の方が(本末転倒なのですが)有り難い!
これには、30GB-IDEを載せました。

液晶画面
このジャンク、「BIOSパスワード」でロックされてはいますが、CDD/DVDDはHDDより先に読ませる設定になっているようで、「BIOS設定」を弄らなくても、問題無くCD版WinXpで起動してインストールが出来ました。

これは、VY17F/LV-WのSXGA+画面と違って、残念ながら、幾ら頑張ってもXGAにしかなりませぬ。(左写真<クリック>)

“画面明るさ”はそこそこの感じでしたが、光パワー計で計ると平均約1.2μWと出て、先日のVY16Eのそれとあまり変わらないようです。(左写真)
注:実は、このμW(マイクロ・ワット)は、正しくは、μW/cm2と書くべきで、1cm2内に入ってくる光エネルギー量を現すものだと思うのですが、取説が無いこともあって、そのまま表記しています。
細かい事を言えば、受光口の面積などが問題になる場合もあるのですが、ここでは問わず。


異常事態!
暫く、ネット散策などをしていたら、突然HDDが“カコーン、カコーン”と異常音を発し、やがてマシンがデッド・ロック状態に!
更に、電源を入れ直しても、途中で落ちました。(左写真)

室温を見ると、30℃を超えています!これはきっとHDDがいかれたのだろう!(と早合点)
早速、HDD取り出して手で触ると、持つのがやっとの熱さ。(左写真<クリック>)

これが異常なのだろう!もう、これは替えるしかない!と即座に、マジックでX印を付けちゃった。 ・・・ でも、必ずしもHDDだけの責任ではないかも?
・・・ で、一旦筐体を冷やしてから、メモリを替えてみたり本体を傾けて置くようにしたりして様子をみたら、落ちなくなった?!

その後は、元のHDDに戻して長時間走らせてみたけど、例の“カコーン、カコーン”は出なくなりました。ホッ!
これをこのまま使ってみて、次の変調が来るまでの様子を見ることにします。

温度計を壊した
HDDが手で触れない程の熱さになるので、試に「電子温度計」で計ってみようとしたのはいいのですが、ヘッドを押し付け過ぎたためでしょう、あっけなく壊れて|壊してしまった!
これは、壊れると全然表示が出なくなるらしい。(左写真)

ルーペで見ても、ヘッドの詳細は分かりませんでしたが、多分此処には“細くて壊れ易い短冊状の材料”が挟まっているようです。(左写真<クリック>)
これが割れていたりすれば、検出が出来なくなるのは必定で、元に戻せる可能性は殆どゼロでしょうね。(オロオロ...)
まぁ、通常の室温温度計なら他に、2,3種あるので、無くて困る事も無いかな。

特性など
HDD温度はMobmeterを使えば読めたので、あれ↑は拙い事をしました。●|~|_
それで見ると、57℃辺りのようで、まぁそんなものかな?と。
(尤も、何度位までならいいのかは知りませんが)

因みに、HDBENCHのALL値は、27Kで結構よい値です。(左写真<クリック>)
確かに、HDBENCH内の「カラーバーのスクロール」では、ギョっとするほど高速でスクロールしているのに気が付きました。(それを見ていると、“グラフィックス性能”の良し悪しが分かる...ような気がします)

これはこれで、なかなかよいマシンだなと思います。ただ、当苑での保存順位は、かなり下になりそうですが。

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ