[060608/060701]

Fiva501で、ミニ・モニが出来ました   追記あり.

実験で上手く動作したので、コントロール・ボードを手製ケースに入れ、前回のこれに背負わせたら、一応スタンドアロンの立派な?液晶ミニ・モニタが出来上がりました。

電源は何とか12V 1電源になりましたが、電源スイッチは逆に1個増えて、都合3個になってしまいました。

大方のノートPCの出力画像はちゃんと表示が出来ますが、デスク・トップ機のひとつではまったく表示が出ずで、まだ完璧ではないようです。(これは、追記参照

SVGAモニタとしての表示品位は、本来のノートPCFivaに比べて遜色ない程良質!(クリックで、本来のPCと並べてみた様子。左がミニ・モニ)
それにしても、実にコンパクトで、ホレボレ! ま、世の中の大サイズ志向には逆行しておりますが。(^-^;?)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
追加箱と接続.
最初、コントロール・ボードを、内蔵出来ないかと眺めていたのですが、メイン・ボードも除かないと、到底無理!が、それも不可!

そこで、別ケースに入れる事にして、手持ちの折り曲げ機で、両側をコの字に折り曲げたあんちょこな箱を作りました。それと、OSD制御SWボード取り付け用の天蓋と。
使った板は、富士シャーシC10-2515(\80税込)とC10-2010(\60税込)をそれぞれ1枚ずつ。足した部品は、スナップSWとDCジャック。
(もう少し形の良い箱にしたかったのですが、力量不足で...)

キットのワイヤハーネスは、切り崩してしまうと後で困るだろうと思ったので、電源線やOSD制御線などは別の線を使って、基板に直接半田付けしました。

使用電源とコネクタ部.
ところで、電源は、コントロール・ボードは12V、元Fiva501は15Vと、2電源が必要なのですが、面倒なので、両方12Vで動作しないか試してみました。
結果、元Fiva501の、本来は緑色の電源ランプが、(怒ったような)橙色になりますが、動作に異常は見られません。で、「12V単一電源」で行く事に。

コネクタ類は、自分の好みで左側に集中。余分に付けた電源SWは「一挙切断用」で、元Fiva側が、SWでの電源断が大変鈍いのに嫌気が差したのと、電源は完全に切ってしまいたいので。

今の処、(巧まずして)適当な角度で傾いて立っていますが、いずれ後ろに、スタンドかアームかを取り付けようと思っています。

色々不具合.
外付けモニタだから、当然デスクトップで使えないといけません。そこで、MA56H記事1)やMA10T記事1記事2)に繋いでみました。

そしたら、“おや、まぁ!MA56Hでは、何も映りませんよ!”幸いMA10Tの方は問題なく映りましたが。(左写真のクリックで、その様子)
MA56Hで映らない理由は、調べるのが面倒だったので、今は不明)

この映らない画面で、1/3、2/3辺りに境目が見えていますが、実はこのパネルではVGAやXGAを表示させると、ちょうどこの付近で、少し文字欠け(上部/下部の消え)が起きます。
コントローラの設定条件の問題なのかも知れませんが、弄れば治るパラメータが何なのか、未だよく分からないので、そのままにしてあります。(因みに、SVGA画面の表示では、まったくそれは起きず、至ってスムーズなんですが)

瓢箪駒.
以前、さる巨大掲示板で、“ノートPCの液晶が勿体無いから、モニタとして活用できないか?”と云うテーマで議論があったような憶えがあります。
それ以来ずっと、気になっていたのですが、小型のコントローラ・ボードが入手出来るようになったので、実現の可能性が出て来たと云うわけ。
限定的ですが、LVDS方式なら実現は容易そうです。(まぁ、配線の面倒さはありますが、理屈ではTTL方式のパネルでも、やってやれない事はないでしょうね)

尚、先日買い足したTTL方式のキットの方も、ちゃんと動き出しました。紹介はその内に。


追記 [0701]

上記で、MA56Hでは映らないと書きましたが、あまり丁寧に調べていなかったので、今回偶々別件で繋いで見るついでがあったので調べたら、“なーんだ!”と云う結果になりました。

PCの垂直リフレッシュ・サイクルが75Hz(800x600モード)になっていたので、これを60Hzに替えたら左写真のようにちゃんと映りました。

コントローラLSI gmZAN3の資料には、確か「XGA 85Hz」までは対応出来るとの記述があったような気がするのですが。(ボードに載せたら性能が落ちたのでしょうか?)
まぁ、終り良ければ・・・で、ちゃんと映れば多少の設定の面倒さには眼を瞑りましょう。

[表紙頁]へ  関連記事の目次へ  [一言板]へ